Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

伝説コラボが復活! 60秒でわかる、ユニクロ「+J」のどこがスゴい?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEBUOMO

世界に“ファッションのユニクロ”を打ち出した伝説のコラボ

ユニクロが誇る伝説のコラボコレクション「+J(プラス ジェイ)」が今秋待望の復活。ゲストデザイナーは変わらずジル・サンダーだが、現時点での情報は公式ロゴのみ。そこで、ファーストコレクションから3シーズン分の秋冬公式ヴィジュアルをアーカイブから引用。洋服好きに刺さるあの世界観を掘り起こしてみた。 ユニクロ「+J」の過去コレクションを振り返る

「UNIQLO(ユニクロ)」が誇る、その後のコラボクオリティを決定付けたカプセルコレクション「+J(プラスジェイ)」が爆誕したのが2009年10月。 5シーズン目の2011年秋冬で惜しまれつつ終了し、2014年9月に1度リバイバル、その後はユニクロのグローバルな成長とともに半ば伝説化していた。その「+J」がこの秋に復活。デザイナーはもちろん変わらずジル・サンダー(Jil Sander)だ。

これが記念すべき「+J」のファーストコレクション、2009年秋冬の公式ヴィジュアル。 モノクロームの静謐な空気感は、生活必需品から脱却する過渡期にあった当事の「ユニクロ」では異色の出来栄えだった。 「+J」の発売日は仏・パリのオペラ地区にユニクロが旗艦店をオープンしたタイミングと重なる。リーズナブルな価格設定に見合わぬデザイン性とクオリティの高さで、世界に“ファッションのユニクロ”を打ち出した。

持ち味はモダンなスタイル、繊細な慎ましさ。

そしてこれがラストコレクションとなった5シーズン目、2011年秋冬のヴィジュアル。ジル・サンダーの持ち味であるモダンなスタイル、繊細な慎ましさ、洗練されたラグジュアリーが光る。9年ぶりの復活となる今秋冬のコレクションの世界観も、これらの過去の秋冬コレクションから推測できるかもしれない。

今秋ローンチ予定の最新コレクションの情報は、現状「+J」公式ロゴと「秋発売」情報、そして「控えめで心地よい現代のグローバル ユニフォームを定義します」のメッセージのみ。 ちなみに、ユニクロの「LifeWear magazine Web」ではジル・サンダーのインタビューを公開中。なんと、デザインについてズバリ聞いているのだ。 Q13:最新の+Jコレクションについて教えてください。どんなイメージを持ってデザインされましたか? ジル・サンダー:「私は普段から、ビジョンやミューズ、ムードボードだけに頼って仕事をすることはありません。私のクリエイティビティの土台となるのは、フィッティングと、生地を使った実験です。いくつかの方向性を、除外したり取り入れたりしながら進めていきます。私の目は、先ほどお話しした通り、立ち現れてくるフォルムを捉えることができるのです」

【関連記事】