Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ハナコ 岡部大、『エール』“五郎さん”にハマりすぎ! “純愛”の体現者として欠かせない存在に?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 9月14日より連続テレビ小説『エール』(NHK総合)が再開した。第1話から再放送されていたとはいえ、すっかり内容を忘れている人もいるかもしれないが、本作は久志(山崎育三郎)がフューチャーされた第13週のラストに、お笑い芸人の岡部大演じる田ノ上五郎が裕一(窪田正孝)を訪ねてくるところで終わっている。第14週「弟子がやって来た!」はまさに裕一に弟子入り志願する五郎の週になっているため、再開に先立ち行われた試写会の質疑応答では岡部の話題で持ちきりだったとか。 【写真】見つめ合う吾郎(岡部大)と梅(森七菜)  芸人としては、すでにお笑いトリオ・ハナコで大ブレイク中の岡部。彼らは2014年結成とまだまだ若手の部類だが、ブレイクのきっかけとなった『キングオブコント2018』(TBS系)以前にも数々の賞レースで優勝しており、業界内では名が知れ渡っていたようだ。ハナコのコントはシンブルながら、岡部が演じる「どこかにいそう!」と思わせる強烈なキャラクターやそれに困惑するツッコミの秋山寛貴、そしてなぜか終盤でサラッと登場する中ボケの菊田竜大という構造であり、それが妙に面白い。一人ひとりのキャラも立っているので、それぞれが違うフィールドで重宝されている。  中でも岡部は『有吉ゼミ』(日本テレビ系)の大食い企画で重宝されているが、2019年2月にオンエアされた『アメトーーク』(テレビ朝日系)で「かなりの緊張しいでトークの時は前に出られない」と悩みを吐露したように、ネタ内の破天荒なキャラとは真逆の性格らしい。そんな彼の俳優としての初姿が、本来ならば『エール』で披露される予定だったが、先週大好評のうちに幕を閉じた『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)で先に彼の演技を見ることになった。  岡部が演じたのは、主人公のメイ(多部未華子)が務める製薬会社の同僚・堀江耕介。おちゃらけた役柄で途中までは時々会話の中に入ってくる程度だったが、なんと最終回で注目されることに。それは、高橋メアリージュン演じるメイの親友・薫のピアスを耕介が拾ってあげる場面。長い婚活の末に自分をちゃんと見てくれる人を結婚相手の条件に据えた薫に「よくわかったね」と尋ねられ、「いつもしてるから」(つまり、いつも薫を見ている)と答えたことで彼女の心を射止めたのだ。突然の恋愛フラグにキュンとする視聴者が続出。その翌週に放送された2時間スペシャルでは2人のスピンオフが描かれ、見事に両思いとなった。Paravi限定で配信されている『私の部下のハルトくん』でも、新入社員・遥人(眞栄田郷敦)の頼りなくも優しい先輩として活躍している。  『エール』のオーディションを受けた際、「先生、弟子にしてください!」と裕一に頼み込むシーンを実践したところ、顔を赤くして目に涙を浮かべた迫真の演技を見せたという岡部。制作統括の土屋勝裕氏は「コミカルなところも含めてこの人、本当にいい人だろうなっていう雰囲気を醸し出していて、このキャラクターにぴったり」と彼の魅力を語っていた。そうして演出やスタッフ満場一致で選ばれた岡部演じる五郎は、古山家に居候中に上京してきた音(二階堂ふみ)の妹・梅(森七菜)を意識するようになる。  現在も数多くの芸人が俳優として活動しているが、面白キャラや狂気的な人間などちょっと変わった役が多く、岡部のように連続で女優の相手役、しかもラブ展開に巻き込まれるというのはかなり珍しい。映画『ハンサムスーツ』で北川景子の相手役を務めた塚地武雄や、『奥さまは魔女』(TBS系)で米倉涼子、『ツレがうつになりまして。』(NHK総合)で藤原紀香の夫役を務めた原田泰造以来の立ち位置だ。  恥ずかしがり屋で真面目……という岡部の性格は、たしかにトーク番組では致命的かもしれないが、ドラマでは存分に活かされている。無骨ゆえに即座に恋愛対象になるわけではないが、人柄の良さが功を奏するタイプ。言ってみれば、『のび太の結婚前夜』でしずかちゃんのお父さんから「あの青年は人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことができる人だ」と影で絶賛されるのび太に近い人間は、俳優ではなかなか体現しづらい。そこをあえて、岡部のような芸人が演じることで、素朴でほっこりとする純愛を表現できるのではないだろうか。実際にわたナギのスペシャルにおける岡部と高橋の初々しい場面は、「ずっと見ていられる」という声もSNSで挙がっていた。  9月14日放送の『エール』では、水戸の雑穀屋に奉公していた五郎が裕一に憧れて「弟子にください」とやって来た。礼儀正しく裕一に頭を下げ、まっすぐな瞳を向ける五郎の姿はまさしく好青年という印象。一方で、「恐縮です」と言いながら何度もご飯をお代わりする少年のような愛らしさも。そして、時を同じくして上京した梅。音と裕一は「年頃の二人が同居なんて……」と心配しながらも、「ないないないない」と全否定する。しかし、絶対にないと思われた2人の恋愛フラグが今後の展開で立っていく。  五郎は作曲家を、梅は作家を。これから太平洋戦争下の時代が到来し、これまで以上にシリアスな展開が予想されるが、しばしの間夢追う2人が織りなす心温まるラブストーリーに癒されてほしい。

苫とり子

【関連記事】