Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ休校明けの高校生は何思う? 「友達に会えてうれしい」がダントツだけど面倒なことも

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オーヴォ

 新型コロナウイルスの影響で全国の小・中・高校が3月から一斉休校した。新学期も迎えられないままだった多くの高校も、6月にようやく再開。“コロナ前”の生活とは違いがたくさんあるけれど、高校生たちは今の学校生活でどんなことを感じているのだろう。 LINEリサーチ (LINE)は、高校1年生~3年生のユーザーにスマートフォンを通して調査を行い、男女1,043人から回答を得た(調査期間6月30日~7月1日)。  現在の登校形態については、6月30日現在 で、「通常登校で、通常通りの時間割」と回答したのは全体の73%。「通常登校で短縮授業」と答えた18%と合わせると、約9割が通常通りに登校していることが分かった。  高校生活が再開して“楽しいこと・うれしいこと”で、JK・DKともにダントツだった答えは「友達に会えて楽しい」。男子高校生(DK)は約5割(49%)、女子高校生(JK)では6割以上(63%)だった。休校中でもスマホなどで簡単に連絡が取れるとはいえ、実際に会えたときのうれしさは格別なのだろう。次に多かったのが、「日常が戻ってきたみたいでうれしい」で、JK・DKともに26%。勉強や部活など、普通の学校生活を送れること自体の幸せをかみしめているようだ。  一方、“面倒に感じていること”は、JK・DKともに“マスク”が1位。「登校するときや教室でのマスクが息苦しい/暑い」がJKは77%、DKは57%。次に多かったのは「授業・勉強が大変」や「宿題・課題が面倒」。休校期間中の勉強の遅れを取り戻すため、授業のペースが速かったり、宿題の量が多かったりするようだ。  “ウィズコロナ”と称される時代に入り、感染予防のために国が示した「新しい生活様式」には、学校現場も取り組んでいる。高校生活でどんな取り組みがされているかを聞いたところ、「こまめに教室や部屋の換気をする」(68%)、「誰かと会話をするときはマスクをする」(67%)がほぼ同割合。次いで「登校前の検温・健康チェックをする」(55%)。ほかには「徒歩や自転車でなるべく通学する」(22%)、「誰かと会話や食事をするときは、横並びで座る」(22%)など。学校からの指導を受け、いろいろな対策をしながら頑張って学校生活を送っているようだ。  高校生活といえば、青春まっただ中の「アオハル」時代だが、コロナ禍で我慢しなければいけないこともたくさんある・・・。「いまの高校生活について感じていることは?」を聞くと、高1JK・DKともに「お弁当を1人で無言で食べなきゃいけない」、「堂々と友達と近くで遊んだり話したりできない」などが挙がった。友だちとの“ソーシャルディスタンス”確保のために耐えているようだ。また「マスクをつけて授業を受けるのは暑くて大変」、「みんなのマスク無しの顔を見られない」など、“マスクがもどかしい!”という声も。「3年生として集大成といえる行事が全て消えた><」、「高校生活最後の学校祭も球技大会もなくなって、クラスで団結できる行事がないのが本当に悲しい」といった高校3年生ならではのコメントもあった。  誰も経験したことのない感染症の影響で、高校生活にも大きな影響が出ている。のちのち、「大変だったけど楽しい高校生活だった」とたくさんの高校生たちが振り返ることができるよう、感染予防対策を取りつつ今できることに全力で取り組んでほしいものだ。

【関連記事】