Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

宇宙へ戻っていく流れ星を観測。この正体は?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
sorae 宇宙へのポータルサイト

「流星(流れ星)」は、地球の大気に突入した微小な天体(塵~小石程度の大きさ)が気化して光を放つ現象です。特に明るいものは「火球」とも呼ばれています。多くは大気中で消滅しますが、なかには消滅せずに隕石として地上へ到達するものがあり、国内でも今年の7月に千葉県習志野市などに落下した隕石が見つかっています。 動画含むオリジナル記事(sorae) ただ、ドイツ北部やオランダで現地時間2020年9月22日の未明に観測された流星は、大気圏で消滅することも地上へ落下することもなく、再び宇宙へと戻っていきました。現地の流星観測ネットワーク「Global Meteor Network」によって撮影された流星の動画をESA(欧州宇宙機関)が紹介しています。 このような流星は「アースグレイジング火球」(英:Earth-grazing fireball、Earthgrazer)と呼ばれていて、これまでにも度々観測・撮影されてきました。ESAによると、今回観測されたアースグレイジング火球の最低高度は約91kmとされています。

Global Meteor Networkに携わるウェスタンオンタリオ大学のDenis Vida氏によると、大気圏突入時の速度は秒速34.1kmに達していたといいます。国際宇宙ステーション(ISS)の飛行速度は秒速約7.7kmなので、その4倍以上の速さです。ESAによると、数多くの流星に対してアースグレイジング火球が占める割合は少ないものの、年に数回程度は発生しているとのことです。

松村武宏

【関連記事】