Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

奈須 怜斗、横瀬 貴広ら投手陣が活躍!2013年夏に準優勝を果たした延岡学園ナインのその後

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
高校野球ドットコム

 全国で独自大会が続々と開幕し、ようやく高校野球界にとって明るい話題が湧き上がっている。そこで、ここではこれまで甲子園を盛り上げたチームと選手を振り返り、彼らのその後を追っていく。 【選手名鑑】原 辰徳 (延岡学園)のプロフィール  今回は2013年夏の甲子園で準優勝を果たした宮崎の延岡学園ナインのその後を紹介する。 投手 横瀬 貴広 3年(神奈川大) 投手 井手 一郎 2年(九州産業大) 投手 奈須 怜斗 3年(早稲田大) 捕手 柳瀬 直也 3年(新日鐡住金大分) 捕手 野崎 浩二 1年(九州共立大) 内野手 梶原 翔斗 3年(伯和ビクトリーズ) 内野手 渡会 晃大 3年(日本体育大) 内野手 松元 聖也 3年(九州産業大) 外野手 岩重 章仁 3年(シティライト岡山)U18日本代表 外野手 浜田 晋太朗 3年(八戸学院大)  背番号10の横瀬 貴広は、準決勝の花巻東戦で公式戦初先発のマウンドに上がり、散発3安打9奪三振完封で宮崎県勢初の決勝進出に貢献。大学は神奈川大に進学。  2回戦の自由が丘(福岡)戦、3回戦の弘前学院敬愛戦で先発した、エース・奈須 怜斗は早稲田大に進学。4年時の宮崎県で開催された東京六大学オールスターゲームに出場した。  3回戦の弘前学院聖愛戦では5打数2安打3打点の活躍をみせた4番の岩重 章仁は決勝で対戦した高橋 光成らとともにU18日本代表に選出される。5試合で9打数4安打の成績で日本代表の準優勝に貢献。高校卒業後はシティライト岡山に進み現在は副主将を務める。  また、正捕手の柳瀬 直也は新日鐡住金大分へ、1番・二塁手の梶原 翔斗は伯和ビクトリーズへ進み、高卒で社会人の道を歩んだ。  高校野球引退後もそれぞれの舞台で活躍を続ける2013年の夏の甲子園準Vメンバーたち。今後の活躍にも期待したい。 ※記事の掲載者、掲載者の現所属、記録の事実につきましては報道各社発表の新聞記事、各野球連盟が発表する大会記録、各チームの所属調査、関係者取材により確認ができたものより掲載をしております。そのため、この情報が全ての情報ではなく、情報の一部となりますことご了承ください。

【関連記事】