Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「イノベーション指数」世界一はスイス、AI・ロボット分野の発展をけん引する欧州市場の最新動向

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

イノベーションが起こりやすい国、世界トップのスイス

AIや第4次産業革命という言葉とともに注目された「ロボティクス」。ロジスティクス/サプライチェーンにおける自動化を担う重要技術であり、メディアや投資家の関心の的だ。 パンデミックにより、非接触型のサービスが求められるようになった現在、その注目度はますます高まっている。 日本で、AI・ロボット分野の話題は、米国や中国発のものがほとんど。他の国・地域の情報はあまり伝えられていない印象がある。そのため他の国・地域の重要度は低いと思われがちだ。 しかし、AI・ロボット分野のイノベーションに関して、米国や中国以上の評価を受ける国はいくつも存在している。これらの国・地域の動向は、AI・ロボット分野の世界的動向を知る上で欠かせない情報といえるだろう。 その国・地域とは、スイスをはじめとする欧州諸国だ。スイス・ジュネーブを本拠地とする世界知的所有権機関(WIPO)が毎年発表している「世界イノベーション指数」というランキングがある。 世界イノベーション指数は、制度、知的財産権の保護、投資状況、人材などイノベーションに関わる80以上のサブ指数から構成される総合指数。包括的に国ごとのイノベーションレベルを比較できるツールとして、経営者や政策担当者に活用されているという。 この世界イノベーション指数で長らく1位の座に君臨するのがスイスなのだ。2020年の最新ランキングでは、トップのスイスに続き、2位スウェーデン、4位英国、5位オランダ、6位デンマーク、7位フィンランド、9位ドイツとトップ10のうち7カ国が欧州諸国という結果になった(米国は3位、中国は14位、日本は16位)。 スイスでのイノベーションといえば「製薬」というイメージが強いかもしれないが、AI・ロボティクス分野でも世界的なプレイヤーが多数存在している。 2012年、アマゾンが7億7700万ドル(約8200億円)と当時同社史上2番目の規模の投資額でロボティクス企業Kiva Systemを買収したというニュースが話題になった。このKiva Systemの共同創業者ラファエロ・ダンドリーア氏は、世界的なスイス人ロボット研究者。日本でもドローンのパフォーマンスで話題となった人物だ。

【関連記事】