Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「親に迷惑をかけたくない」500万円を超える借金を抱えて…

配信

幻冬舎ゴールドオンライン

人材育成のコンサルティングを担う株式会社Legaseedの代表・近藤悦康氏は、著書『はたらくを、しあわせに。』(クロスメディア・パブリッシング)にて、「はたらくということは自分の時間(命)を有意義にするためのもの」と説いています。同氏の考える「仕事で大切なこと」とは、一体何でしょうか。

資産形成の手段として「副業」をはじめるリスク

ベストコンディションをつくる自己管理~資金管理 良い仕事をすれば、評価が得られ、報酬も上がります。報酬をたくさん得れば、それだけ自分の夢を叶えることができます。そんな、大切なお金の管理を忘れないようにしましょう。 大切なのは、自分のキャッシュフローを理解することです。まずは、お金の入りと出を管理しましょう。入ったお金をどんどん使っていくのはNGです。先に、出るお金を明らかにしてください。これは、必ずかかる経費(家賃、光熱費、通信費、奨学金の返済金)など、生活するために避けられない出費のことです。 仮に、絶対に出ていくお金が月10万円だとしましょう。次に考えるのが、残したいお金です。1年間で30万円貯蓄したければ、月2.5万円残す必要があります。ですから、入るお金=手取りが月20万円だとしたら、使えるお金は月7.5万円です。ここまで計算して、初めて使い方を考えましょう。 この7.5万円の使い方をプランニングするとき、気をつけてほしいのが、手が届かないものを購入する場合です。こんなとき、お金が足りないからと金利の高いキャッシングなどに頼ってはいけません。結局返済もできず、借金が増えるケースを多く見てきました。 ただし、諦めろと言いたいわけではありません。もしも必要なものがあり、お金が不足しているなら、親や知人にプレゼンテーションをして、出資をお願いしましょう。自分が何を実現したくて、そのためにいくら必要で、どう返済していくかという計画をしっかり立てて、返済の約束も書面で交わしましょう。 「親に迷惑をかけたくない」と思う人が多いのですが、はっきり言って、キャッシングの返済で首が回らなくなるほうが迷惑になります。キャッシングの方が楽にお金が借りられます。お金を借りるときには、努力や覚悟が必要な手段をとらないとモノになりません。 私も高校、大学、大学院と奨学金をもらって通うことができました。社会に出たときの返済額は500万円を超えていました。だからこそ、学んだ分を社会に出て価値で返し、投資した分を回収しようと頑張れたのだと思います。 以前、授業料を一括で払わなければならず、悩んでいる子がいました。その際に、私が肩代わりして、内定期間中にアルバイトをして、月々返済できるように一緒にプランニングしたことがあります。お金で困ったら、早めに上司や社長など、力のある人に相談することで解決できることも意外に多いのです。 ちなみに、近年はそうやってお金に困り、副業を考える方もいますが、20代の副業はおすすめしません。 主業をつかんでもいないのに、副業をしても長期的な資産形成ができません。若いときは副業ではなく、修行をする気持ちで自分の専門性を磨くほうが、結果的に多くの報酬を得られるようになります。 入るお金=稼ぎを増やすには、成果を上げ評価を得るしかありませんが、副業をすると本業がおろそかになりやすく、中途半端な仕事になって評価を上げられません。そのためにも、自分が具体的に生み出す成果目標を定量的に持つことが大切です。 営業職であれば、粗利益をいくら上げて、お客様の幸せを増大させるか? 広報職であれば、メディア記事に取り上げられ、広告費に換算するとどれだけの価値を生み出し、会社を世の中にPRするか? 採用職であれば、成果の出せる人材をいかに採用し、入社した人材がどれだけ会社に利益をもたらすか? これらを明確にして、業務に取り組むのです。そして、自分が会社にどれだけの利益貢献をしているのか、業績評価の面談の場などで、資料を自ら作成し、プレゼンすることをおすすめします。 野球選手の契約更改の場面をイメージしましょう。自分の給与の妥当性を自分で表現する上での基準は、自分の給料の5倍以上の粗利益を会社にもたらしているか――です。

【関連記事】