Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

宮沢氷魚、“上裸”のシーンをいじられ「記録は更新中」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

俳優・宮沢氷魚と大鶴佐助が出演する舞台「ボクの穴、彼の穴。 The Enemy」が、9月17日から23日(水)まで東京芸術劇場で上演。その公演に先駆けて、17日に公開ゲネプロと取材会が行われた。 【写真を見る】宮沢氷魚と大鶴佐助の爽やかなほっこり笑顔 同作は、俳優で劇作家の松尾スズキが初めて翻訳を手掛けた絵本を基に、ノゾエ征爾が翻案、脚本、演出を手掛け、2016年、旧PARCO劇場の「クライマックス・ステージ」を飾った傑作舞台の再演。 戦場の塹壕に取り残され、見えない敵“モンスター”への恐怖と疑心暗鬼にさいなまれる兵士たちの姿を描く。 同公演では、宮沢と大鶴が死の恐怖に怯えながら孤独と戦う兵士をそれぞれ熱演。戦地での切迫した様子や妄想を膨らませるやりとりを迫真の演技で披露し、兵士たちの心情を感情豊かに表現した。 取材会に出席した宮沢は初日を迎えられたことを喜び、稽古を通じて「自粛期間は一人で生活できるので、人とコミュニケーションを取ることがおろそかになりがち。 この作品は相手の存在、生きていることを確かめて安心する、人として当たり前であるべきことを考えるきっかけになる作品だと思う」と感じたことを述べ、「身体的にも精神的にもここまで追い込まれた作品は初めて。2人芝居なのでせりふも実際やってみるとすごい文章量で大変でしたが、稽古に向かえば楽しい自分がいて、共演者やスタッフに助けられた」と周りへの感謝を伝えた。 さらに、上半身裸のシーンに話が触れられると、パルコの作品では必ず上半身を裸にしていることを明かし、「パルコの中では“上裸俳優”として定着していて、その記録は更新中です」と語り、笑いを誘った。 一方、大鶴は「人がいると全然違う、エネルギーをもらえる」と初日の感想を語ると「戦場を知らない人たちが多い中で、目に見えないモンスターというものを観客と共有するためには、生半可な実態じゃ納得してくれない。ディスカッションをしながら2人で稽古をしてきた」と明かし、「稽古は大変でした。でも、それが好き。新しく積み上がっていく感じを実感した」と振り返った。 また、互いに共演した感想について、大鶴は「(稽古期間の中で)一瞬グロッキーになった時もあったが、そこから立ち上がって打たれ強い部分を見せてくれたので、役者としても頼りがいがあった」と宮沢を評価。 宮沢は「目を見て芝居をした時に何を考えているのか感じ取れることが分かって、佐助の目は面白いと思った」と大鶴の新たな一面を発見したことを口にした。 最後に、大鶴は「芝居は稽古場も含めて毎回同じものがないので、その日にお客さんと作り上げる作品を大事にしたい」と話し、宮沢は「人前で作品を披露することができてうれしい。体調管理を万全の状態にして気を引き締めて取り組んでいきたい」と上演に向けて意気込みを語った。(ザテレビジョン・取材・文=永田正雄)

【関連記事】