Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大野雄大にはドラゴンズブルーが似合う!5連続完投勝利の価値とFA権の行方

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CBCテレビ

圧巻のピッチングに心からの拍手を送った。中日ドラゴンズの大野雄大投手が、球団記録に並ぶ5試合連続の完投勝利を達成した。2か月ほど前に同じナゴヤドームで23安打19得点を奪った広島東洋カープ打線を、2安打で完封するという力強い投球だった。

貯金なき“エース”への疑問符

半世紀以上の長いドラゴンズファンとして、実は大野雄大という投手については、どちらかと言えば厳しい目を向けてきた。かなり早い段階から一部で「エース」と呼ばれ始めたことへの違和感が理由だった。高木守道監督の第二次政権時代2年目、2013年から10勝、10勝、11勝と3年連続で2桁勝利を挙げた頃のことだ。 2015年に投球回数が200イニングを超えたことは立派だが、10勝すれば10敗、11勝しても10敗と、なかなか“貯金ができない”投手だった。一方で5年連続2桁勝利を挙げた吉見一起投手が、その5年間で69勝26敗と「43」も勝ち越していたことから、「チームを勝たせてこそエース」という思いがあった。野球が“勝負”である以上、通算成績で負け越している投手はエースではない。

大記録と初タイトルの覚醒

大野投手の覚醒は2019年シーズンだった。前のシーズンはベンチの起用方法にも起因したのかもしれないが、まさかの勝ち星ゼロ。土俵際のシーズンを迎えていたはずだ。 しかし、背番号「22」は力強くよみがえった。その頂点は、9月13日のナゴヤドーム、阪神タイガースを相手にしてのノーヒットノーラン達成だった。球団12人目、プロ野球界では81人目、スキのない見事な126球だった。最優秀防御率のタイトルも獲得した。念願の初タイトルだった。 それでも「エース」と呼ぶことができなかった。シーズンは9勝したが8敗、通算成績は58勝61敗とまだ負け越していたからである。「エース」という称号、そしてその座は、崇高であるべきだと厳しく見つめ続けた。

チームを鼓舞する大野雄大

新型コロナウイルスの影響で開幕が3か月も遅れた2020年シーズン。開幕投手をまかされた大野投手だったが、当初なかなか勝てなかった。7月31日、7度目の登板でようやく今季初勝利を手にした。 ところが、そこから大野雄大の2020年が一気に幕を開けた。初勝利も完投だったが、翌週の讀賣ジャイアンツ戦も完投勝利。そして次も、またその次も、マウンドを誰にも譲らなかった。 大野投手の完投勝利をエネルギーにしたかのごとく、竜は勝ち星を重ねた。8月は5カード連続の勝ち越し。最下位に甘んじていた順位も一気に3位に浮上した。その奮投がチームを鼓舞したことは明らかだった。大野雄大が“エースの働き”をした夏、ふてぶてしいまでの“ドヤ顔”が何とも頼もしかった。まるで別人のように思えた。

【関連記事】