Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

在宅勤務「死なせるか・生かせるか」の致命的差

配信

東洋経済オンライン

 緊急事態宣言下で一気に広まった企業の「テレワーク」。だが5月25日に、宣言が続いていた首都圏と北海道で解除されたことで、局面が変わりつつある。在宅勤務を続けていた人が、オフィスワークへと回帰しつつあるのだ。 【グラフ】テレワークの普及状況は?  都内のメーカーに勤務する坂本太郎さん(仮名、38歳)は、緊急事態宣言下で会社から「原則」在宅勤務と言われていたが、解除後に「推奨」に変わった結果、上司や同僚がこぞって出勤を再開したことに驚いたという。

 「出勤したほうが、仕事が効率的に進むと考える社員は多い。だから“推奨”だと強制力が弱くて、同僚が続々と出勤を再開している。そうした中、自分ばかりが在宅勤務を続けることはしにくい」(坂本さん)  グーグルは3000人のオフィスワーカーを対象とするテレワークの意識調査(4月28日~30日)をまとめたが、それによると新型コロナウイルス拡大の懸念が収まった後も、テレワークを「続けたい」「やや続けたい」と答えた人は49.3%で、「続けたくない」「あまり続けたくない」の計23.1%を大きく上回った。

■テレワーク実施率は半減するとの見方も  企業の中にも、原則在宅勤務を継続する富士通やドワンゴ、週1~3日を目安とする在宅勤務を継続するGMOインターネットなど、「ウィズコロナ(withコロナ)」の時代に向けて、新たな働き方を導入する企業が出始めている。  だが、必ずしもそうした企業ばかりではない。緊急事態宣言下での“半強制的”な在宅勤務が終わると、今後テレワーク実施率は低下していくだろうと専門家は指摘する。「テレワークはかつて新型インフルエンザ流行後の2009年、一時的に伸びたが、その後低下した経緯がある」。そう解説するのは、パーソル総合研究所の小林祐児主任研究員だ。

 「東日本大震災後にも一時的にテレワークが普及したが、一過性で終わった。今はビデオ会議などのツールも発達しており、過去よりは根付くだろうが、日常が戻り始めると実施率は4~5月の半分くらいに減り、風化も起こるのではないか」(小林氏)。 『週刊東洋経済』は6月1日発売号で、「テレワーク総点検」を特集。緊急事態宣言下におけるテレワークの実態を業種別に検証し、今後定着させるための道筋を探った。  では、なぜテレワークは根付きにくいのか。その背景にあると考えられるのが、テレワークを経験して、多くの人が感じた“デメリット”である。週刊東洋経済の読者アンケートから浮かび上がったデメリットは、大きく以下の3つだった。

【関連記事】