Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

賀来賢人、おすすめ暗記術を披露「声を出して動きながら、短期集中で!」

配信

TOKYO FM+

俳優の賀来賢人がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「賀来賢人 SUZUKI “KENTO’S CLUB”」。6月1日(月)~6月2日(火)の放送では、クラブ会員(※本番組でのリスナーの呼称)から寄せられたメッセージにまつわるトークをお届けしました。

◆劇団年一の反響に……

6月1日(月)の放送では、会長(※本番組での賀来の呼称)の出演作を観たというクラブ会員からの感想メッセージを紹介。 <クラブ会員からのメッセージ> 「劇団年一の『肌の記録』を拝見しました。最初はなんとなく観ましたが、“ん? これはなんだろう……”と不思議な気持ちになり、何回も観てしまいました。将来こうなってほしくないなと思いつつ、現在、当てはまっている部分もあり、賢人会長をはじめ、役者のみなさんの、演じているけれど“素なのかな?”と思わせるリアルなやり取りが面白かったです。タイトルの『肌の記録』についても、いろいろと考えさせられています」(女性) 会長は、柄本時生さん、岡田将生さん、落合モトキさんとともに、「劇団年一」を結成。コロナ禍で、作品の撮影中止に加え、外出自粛を余儀なくされるなか、オールリモート配信という試みで、第1作目となる「肌の記録」をYouTubeで期間限定配信し、話題となりました。 そんな作品に対してさっそく届いたメッセージに、開口一番「ありがとうございます」と感謝の思いを告げます。新たな形での芝居を振り返り、「企画も内容も全部自分たちで決めたわけですよ。それがなかなか面白い体験で。どこか不確かで“ふわふわ”したまま芝居をつくっていく、というスリリングで楽しい経験だった」と会長。 脚本を手がけた加藤拓也さんから届いた台本を手にしたときは、「すごく素晴らしい着眼点と台詞が面白くて。単純にこの4人で芝居ができたことがすごくうれしかった」と語ります。演出も担当した加藤さんからは「なるべく芝居をしている感じを出さないでお芝居をしてください」といった指示や、最後に台本を読み合わせするシーンでも「何が芝居で何が芝居じゃないのかわからないように」など、難しい演出があったと言います。 しかも一発撮りだったそうで、「意外とテクニカルなことをやっていて。けっこうヒリヒリしながら……1回しかできない状況だったので、集中力みたいなものが出ているんじゃないかな」と手応えを語り、「またこのメンバーで、今度は劇場でお芝居できたらいいな。業界人からもめちゃめちゃ感想をいただきまして、また自分たちでどんどん作品をつくっていけたら」と早くも次作への意欲を見せていました。

【関連記事】