Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

SOIL & “PIMP“ SESSIONS・社長、BMWで都内を走る!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
J-WAVE NEWS

新しいライフスタイルの変容が求められるこれから。私たちの生活が安全に、より良くなるようサポートしてくれる車での生活が見直されている。 【画像】ドライブの様子 7月23日(木・祝)にオンエアされたJ-WAVEの特別番組『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL BMW presents ROAD TO THE FUTURE』(ナビゲーター:DJ TARO / 浜島直子)では、私たちのこれからのライフスタイルを探りながら、安心・安全なカーライフの楽しみ方を9時間にわたり紹介した。 ここでは、SOIL & “PIMP“ SESSIONS・社長が、BMW 3シリーズに乗って都内のさまざまなオススメスポットを巡った、ドライビングレポートの模様をお届けしよう。

新型BMW 3シリーズの安全性能

社長のドライビングレポートは六本木のとある場所からスタート。あいにくの雨模様で、社長は「本来なら見上げられる六本木ヒルズが霞んで見える」と話しつつ、早速BMW 3シリーズに乗り込んだ。 社長: BMWの運転席に座るとワクワクするんですよ。インパネ(インストルメントパネル)が全て僕の方を向いてくれて包み込まれる感じ。これがBMWの好きなところなんです。 社長はBMWプロダクトマネージャーの岩崎 格さんと一緒に、都内から車で行けて楽しめる様々な場所を巡る。 社長:BMWはやっぱりカッコいいですね。僕自身もBMWが大好きで、車の基本、運転の基本はBMW 3シリーズに教えてもらったと言っても過言ではない。それくらいの愛好家のひとりです。あらためてBMW のコンセプトを教えてください。 岩崎:先ほど社長が「BMW はドライバーに全てが向いている」と述べましたが、とにかくドライバーが運転しやすく作ることが一番の基本だと考えています。 社長:今乗っている、新しいBMW 3シリーズは安全性能も非常に注力されたと伺いました。 岩崎:よく「安全」と言うと事故をしたときにケガをしないことや亡くならないことだと思われますが、本来「安全」とはそういうことではありません。たとえば、運転をするときに周りがよく見えて「そこに人がいるな」「あそこで車が来るな」といったことがすぐにわかること、ドライバーが運転していて疲れないこと、自然なポジションで座れることなど、そういったこともすごく大事ですよね。 新型BMW 3シリーズには、ドライバーを支援してくれるさまざま機能が搭載されている。 岩崎:ドライバーがとにかく楽に運転できることが基本です。たとえば、高速道路の渋滞ってすごく疲れますよね。そのとき車が自動で前の車に付いてくれて、ドライバーの足元の負担を軽減してくれる。高速道路で走っていて、ちょっと眠くなりふらっとしたときに、ステアリングがアシストして元の位置に戻し警告をしてくれる……そういった事故を未然に防ぐ、ドライバーの支援機能が充実しています。

【関連記事】