Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「マインクラフト」でバドミントンができる! リアルと融合した新機軸のeスポーツ

配信

GAMEクロス

3Dブロックで構成された仮想空間の中で、ものづくりや冒険が楽しめるゲーム「マインクラフト」を使ったバドミントン大会が開かれました。運営したVTuber「あぅつざぁ」さんがユニークなeスポーツの魅力を紹介します。

そもそも「マイクラバドミントン」とは?

世代を問わず世界中で愛される「マインクラフト」でバドミントン――。こんなコンセプトで総勢58人のプレーヤーが参加して行われたeスポーツ大会「MBGP2020 サマーカップ」が6月13日に実施されました。MBGPは「マイクラバドミントングランプリ」の略です。 2019年秋からこの「マイクラバドミントングランプリ」を始めましたが、今回のサマーカップはシーズン最後の大会ということもあり、VTuberや海外のeスポーツプレーヤーなど腕に覚えのある選手が参加。ゲーマーチームのC-clanより賞金、ZONeよりエナジードリンクZONeが提供されました。 マイクラバドミントンはその名の通り、「マイクラ」内でプレーするバドミントンのこと。プレーヤーの思うままに好きなモノをクラフトできる「マイクラ」で作られた「ゲーム内ゲーム」です。ネットを挟んで左右に分かれたプレーヤーが、放物線を描いて飛んでくるシャトルを打ち返し合うシステムで、「リアルなバドミントンそのもの」とも言えます。 シンプルかつカジュアルなeスポーツでありながら競技性が高く、さまざまな駆け引き、戦略の要素も色濃いです。プレーヤー、観客ともに大いに盛り上がれるのが最大の特徴となっています。

高校生が独自に再現したことが最初のきっかけ

マイクラバドミントンはもともとゲームの機能として存在していたものではありません。実は、マイクラ好きの一人の高校生が、友達からバドミントンのスマホゲームをすすめられたことに端を発します。その高校生がゲームにはまり、マインクラフトで独自に再現してSNSに投稿。それを偶然にもバドミントン好きのVTuber、つまり筆者である私が見つけ、19年夏にゲーム大会を企画するに至りました。 大会を終えた後、参加者から「もっと多くの人にマイクラバドミントンが広がってほしい」という声が上がり、eスポーツとして本格的に展開することになりました。その後、SNSを通じてマイクラとバドミントンのノウハウをさらに集め、ゲーム、大会ともにブラッシュアップを進めました。そういう意味では、SNSあってこそのゲームと言えるかもしれません。 また、魅力として、実際のバドミントンとゲームならではの要素が絶妙に合致していることが挙げられるでしょう。たとえば、バーチャルの会場内では、選手がラケットで素振りをして気合を表現したり、しゃがむことで対戦相手に挨拶をしたりと、リアルスポーツさながらの風景を見せてくれます。視聴している観客にも、選手同士のライバル心やリスペクトする姿勢が伝わってくるのも、リアルスポーツとeスポーツが融合したマイクラバドミントンならではと言えそうです。

【関連記事】