Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

マイナンバーカードの申請時期は2020年が最多 約4割がマイナポイントのために申請

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

KDDIと、共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営するロイヤリティ マーケティング が、「マイナポイント」に関する調査の結果を発表した。 主な調査結果は以下の4点。 ・マイナンバーカードの交付の申請について「交付の申請済み(カードの到着有無合わせて)」は、性年代別でみると、男性20代、30代が5割を超えた。次いで、男性・女性の60代以上が4割を超えた。 ・マイナンバーカードの申請時期は「2020年」が34.0%と最多。2番目に多い「2016年」の29.5%と比べて、高い割合。 ・マイナンバーカードの交付申請のきっかけについて「マイナポイントの申し込み」が、36.3%と最多。 ・キャッシュレス決済について「スマホ決済(コード型または非接触型)」をメインで利用している人は、他のキャッシュレス決済をメインに利用している人よりも、マイナンバーカードの交付申請をした割合が高い。

マイナンバーカードの交付、申請済みは男性20代・30代が5割超

マイナンバーカードの交付の申請について「交付の申請済み(カードの到着有無合わせて)」は、性年代別でみると、男性20代、30代が5割を超えた。次いで、男性・女性の60代以上が4割を超えた。

また、同調査(2020年7月10日~2020年7月13日)時点で、マイナンバーカードの申請時期を「2020年」と回答した人は34.0%となり、マイナンバーカードの交付が開始された「2016年」の29.5%を上回り、最多となった。

マイナンバーカードの申請のきっかけ、「マイナポイントの申し込み」36.3%

マイナンバーカードの交付申請のきっかけについて「マイナポイントの申し込み」と回答した人が、36.3%と最多となり、次いで「身分証明書として」が29.8%となった。 マイナンバーカードの申請時期が、2020年のうちでも「6月以降」が高かったことから、同調査においては、マイナポイントをきっかけにして、マイナンバーカードを申請した、申請予定であるという人が多い傾向がうかがえる。

メインのキャッシュレス決済がスマホ決済の人は、マイナンバーカードの申請割合が高い

キャッシュレス決済について「スマホ決済 (コード型または非接触型)」をメインで利用している人は、他のキャッシュレス決済をメインに利用している人よりも、マイナンバーカードの交付申請をした割合が高い結果となった。

【関連記事】