Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『ダークナイト』ヒース・レジャーのジョーカーは何がすごかったのか…!

配信

シネマトゥデイ

 悪役に魅了されるーー。これは人間の隠れた本能でもあるし、映画に登場してきた悪役が思わぬ人気を集めたこともあった。しかしこれほどまでに強烈に、心をざわめかせたキャラクターは、いないのではないか。2008年の『ダークナイト』におけるヒース・レジャーのジョーカーは、映画史の「伝説」として語り継がれることになった。(文・斉藤博昭) 【画像】得体の知れない狂気!ヒース・レジャー版ジョーカー  ヒース・レジャーは、このジョーカー役で第81回アカデミー賞助演男優賞を受賞する。それまでも恐るべき悪役がオスカーを獲得するケースは、意外に多かった。『羊たちの沈黙』のアンソニー・ホプキンス、『ミザリー』のキャシー・ベイツ……。その行為や表情が強烈であればあるほど、熱演と受け止められやすい。しかしヒースのジョーカーの場合は、そのような単純な論理には当てはまらない。アメコミ映画のキャラクターで異例の受賞を果たしことに加え、その演技に彼自身の人生の壮絶な最期が重なってしまったからである。

 ヒース・レジャーが急性薬物中毒で急死したのが、2008年1月22日(享年28歳)。『ダークナイト』の全米公開が同年の7月18日(日本は8月9日)なので、すでに公開前にその演技は「伝説化」されていた。徹底して役づくりにのめり込んだため、不眠症となり、死の要因も作ったという説もささやかれたからだ。

 それまでのジョーカーといえば、ティム・バートン監督の『バットマン』(1989)におけるジャック・ニコルソンがあまりに有名で、コミックから抜け出したような、カリカチュア(誇張)が魅力のキャラクターとして定着していた。アメコミの悪役らしいと言えば「らしい」。しかしヒースのジョーカーは、ニコルソンのイメージを徹底的に排除することから始まる。

 『ダークナイト』では冒頭の銀行強盗のシーンで、マスクを外した瞬間の不気味な「笑み」で、観る者すべてを不安な気分に陥らせる。一切、共感を拒絶するような不気味さ、不敵さをここまで極めた笑みを、人間はするのだろうか? 人の心をとらえる悪役というものは、どこかに共感できる部分もあったりするが、『ダークナイト』におけるジョーカーは、過去の悲劇を口にするものの、感情移入できる余地がほとんどない。悪であることを楽しみ、「銃よりナイフを使いたい。死んでいく感覚を味わってほしいから」などと、ひたすら極悪非道を貫く。目的を達成することにはあまり興味はなく、その残虐な行為自体を楽しんでいる。

【関連記事】