Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「教育費が不安」という親が7割。3組の夫婦に聞いた教育費のまかない方

配信

LIMO

子ども一人当たりにかける教育費が高くなっていると言われる日本。少子化が進む中で子どもにかけるお金が増えていくのは自然な流れかもしれませんが、一方で不安に感じる人もいるようです。 ソニー生命保険会社が2020年3月27日に発表した「子どもの教育資金に関する調査2020」※では、教育資金についてどの程度不安を感じるか聞いたところ、なんと70.6%の人が「不安を感じる(非常に不安とやや不安の合計)」と回答。子どもを持つ親の多くが教育資金について不安を感じていることがわかりました。 そこで今回は、子どもを持つ親3組に教育資金をどう捻出しているのか聞いてみました。 ※大学生以下の子どもがいる20歳以上の男女1,000人対象

結婚前から子どもを持つことを考えて貯金

小学生のお子さんが2人いるAさん夫妻。Aさん自身、結婚したら早く子どもがほしいと思っていたようで、結婚式や新婚旅行にはお金をかけずに教育資金に充てていると言います。 「そこまで稼ぎがいいワケでもないから、地道にお金を貯めていた。子どもがほしくて結婚を急いでいたというのもあったし、夫も結婚イベントよりは将来のためにお金を取っておこうという考え。そこが一致したのでなんとか教育資金を準備できている」とのこと。 Aさん夫妻は2人とも子ども好きで、一人っ子よりは兄弟がいたほうがいいという思いも一致。結婚式は家族だけで済ませて、新婚旅行は2泊3日の国内旅行にしてあまりお金をかけなかったのだと言います。お互いに堅実な性格で結婚前から貯金しており、今も毎月収入の1割~1.5割を教育資金として貯金しているとのこと。 「子どもにはお金のことで進路をあきらめてほしくない。子どもが望む学校に行ってほしい」と語るAさん。現在は学資保険などには加入しておらず、貯金のみで教育資金づくりをしているのだそう。 「私は学資保険もいいなと思ったけれど、夫が保険は最低限にすべきというタイプなので学資保険には加入していない。今のところは会社で加入できる団体保険だけなので、医療保険とかも必要じゃない? と相談したけれど、『掛け金の分、貯めておけばいい。そのほうが用途が限られないし掛け捨てでもないからムダにならないよ』と言われて納得。保険を使うのは最低限にしている」と教えてくれました。

【関連記事】

最終更新:
LIMO