Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

プレミア勢の大津、序盤から攻撃陣が爆発

配信

高校サッカードットコム

 今大会唯一のプレミアリーグ組となった大津が、最終戦を待たずにグループリーグ突破を決めた。 【フォトギャラリー】小城 vs 大津  2月15日に福岡県の同フットボールセンターなどで開幕した九州高等学校(U-17)サッカー大会(30分ハーフ)。4チーム×4組のグループリーグと各組上位2チームが挑む決勝トーナメントで覇権を争う。  午前中の初戦で出水中央を9-0で撃破した大津は佐賀第2代表の小城と対戦。今大会の優勝候補に挙げられる伝統校は、序盤から攻撃陣が爆発する。  開始早々の5分に宮原愛輝(2年)が口火を切る先制弾。直後の8分には金子遼太郎(2年)が加点し、19分にはオウンゴールでさらにリードを広げる。20分にも宮原が2点目を奪取。30分にも坂本充(2年)がネットを揺らし、前半だけで5点を奪うゴールショーを見せた。  迎えた後半も勢いは止まらない。35分に宮原が右足でゴールを射抜き、ハットトリックを達成。43分に大島清(2年)が途中出場の中川颯己(2年)の右クロスに合わせると、左足で鮮やかな一撃を沈めてチームの7点目を奪う。さらに55分には、中川の突破から最後は宮原が自身4点目となる得点を決めて勝負あり。8-0で快勝した大津が決勝トーナメント進出を決めた。  2戦合計17得点。圧巻のゴールショーに大津の平岡和徳総監督も手応え十分。「初戦の出水中央は厄介だと思っていたけど、しっかり勝ち切って(勢いに乗って)くれた。全部できたら、僕の仕事がなくなってしまう」と冗談を交えながら振り返ったものの、3-5-2の布陣が2試合を通じて機能した点は収穫だ。最終ラインから左CBの金子らが丁寧に繋ぎ、大島や杉山佳宏(2年)の両ウイングバックが高い位置でボールを受ける。そこに1年生10番の森田大智や2トップの宮原と半代将都(2年)らが絡み、テンポの良い仕掛けを見せていく。その攻撃の質は今大会でも頭一つ抜けている。  16日の最終戦では宮崎第1代表の鵬翔と対戦する。初日の勢いそのままに勝利をつかめるか。圧巻の強さを見せた“公立の雄”に2日目も注目だ。

【関連記事】