Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ムロさんをきちんと表現」 『三國志』『信長の野望』の長野剛氏描き下ろしビジュアル解禁

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 俳優・大泉洋が劉備玄徳役で主演を務める映画『新解釈・三國志』(12月11日公開)のポスタービジュアルが14日、解禁になった。 【動画】『新解釈・三國志』主題歌入りの予告映像  本作は、中国・後漢時代に魏、呉、蜀の3国が中国の覇権を巡り群雄割拠していた史実をまとめた書物『三國志』をオリジナル脚本で映像化。『今日から俺は!!』などを手がけた福田雄一監督がメガホンをとり、劉備役の大泉、諸葛亮役のムロツヨシのほか、黄巾を山田孝之、呂布を城田優、董卓を佐藤二朗、孫権を岡田健史、周瑜を賀来賢人、黄夫人を橋本環奈、小喬を山本美月、趙雲を岩田剛典、貂蝉を渡辺直美、曹操を小栗旬が演じる。  ポスタービジュアルは、シミュレーションゲーム『信長の野望』や『三國志』シリーズのパッケージイラストを手掛けている長野剛氏が描き下ろした。24日間の制作期間で、油絵具を仕様し、キャスト陣を繊細なタッチでリアルに再現。背景には魏呉蜀のイメージカラーの青・赤・緑の3色があしらわれ、印象的なカラーリングになっている。  長野氏は「イラストを描く中でも特に難しかったのはムロツヨシさんです。ムロさんは元々お顔がハッキリされていているのですが役柄で微妙にイメージが変わります。ムロさんらしさをきちんと表現できるように気を付けて描きました」とコメントを寄せた。

【関連記事】