Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ラクで時短! 働く人の自炊の味方「下味冷凍」の基本レシピとコツ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ライフハッカー[日本版]

仕事帰りに同僚とサクッと飲みに行く。そんな日常がなかなか難しくなった今、自炊に目覚めた方も多いはず。 【全画像をみる】ラクで時短! 働く人の自炊の味方「下味冷凍」の基本レシピとコツ 料理して食べる楽しさ、好きなものを食べられる喜び、と同時に自炊を続けるには献立を考えて買い物に行く、食器洗いや片づけなどがセットになってくるのが曲者と気づいている頃かも。 特に在宅勤務をしていると、仕事とプライベートがシームレスになり、気づけば3食何を食べるか考えているなんてことにもなりかねません。 そこで、時間があるときに食材をまとめ買いして、一度に調理済みの一歩手前まで下味をつけて冷凍しておく調理術「下味冷凍」が注目を集めています。 今日は、料理研究家 石澤清美さんの著書『下味冷凍スピードおかず 時短!節約!おいしさアップ!』(主婦と生活社)より、「下味冷凍のコツ」とアレンジも自在な鶏むね肉の「下味冷凍レシピ」をご紹介します。

下味冷凍のメリットと基本の下ごしらえ

毎日、毎食の食事作りがラクになる 生の食材と調味料を袋に入れ、味つけしてから冷凍した「下味冷凍」は、いわばおかずの素。 買い出しに行けない忙しいときや、食材を切らしてしまったときも、「下味冷凍」ストックがあれば調理がラクなだけでなく、食事作りのストレスが軽くなります。 長期保存できるから食材をまとめ買いできる 「下味冷凍」には、おいしさが長くキープでき、食費節約にもつながるメリットが。 スーパーで買ったパックの肉や魚もそのまま冷凍するより「下味冷凍」すれば、味も鮮度も落とさず約1カ月保存可能できるそう。 下味をつけると減塩でもおいしくなる 下味をつけると時間とともに肉や魚に味が染み込むので、調味料は少なめでもおいしく感じられ、減塩にもつながります。 さらに、調味料に漬けることで肉がやわらかくなったり、魚の臭みがとれたり、おいしさがアップするのだとか。 凍ったまま調理可、調理時間が時短になる そして時短。下ごしらえと味つけ済だから調理の手間は必要最小限で済みます。 食べたいときに焼いたり蒸したり加熱するだけ。半解凍なら最短1分、凍ったまま調理できるメニューもありました。 そのほか、プロのレシピなので料理が苦手でも失敗なくおいしく作れるところ、うまく保存しておけばきっちり使い切れるので、フードロスをなくしてエコにもつながるなどメリットがたくさん。 これなら無理なく続けられそうです。 まずは「下味冷凍」のキホンをマスターしましょう。 「下味冷凍」のキホン STEP1 保存袋に調味料を入れて混ぜる 冷凍できる食品用保存袋に、先に調味料だけを入れる。袋の上から手でもんで、よく混ぜ合わせる。 STEP2 肉や魚を加え、もんでなじませる 肉や魚などの食材を加える。まんべんなく調味料がいきわたるように袋の上からさらにもんでなじませる。 STEP3 空気を抜き、平らにして冷凍する 袋の口を数cmだけ開けておき、中の空気を抜いてから口を閉じる。中身を平たくならしてから冷凍する。 (6ページより) 基本を踏まえて、覚えておけば大活躍する 「鶏むね肉のみりんしょうゆ味」 のレシピを紹介します。 高タンパクで脂が少なく、しかも安価で手に入る鶏むね肉は自炊の強い味方、ただ普通に加熱すると硬くなりがちで、実は使いづらいという側面も。 そんな淡白な鶏むね肉も下味冷凍しておけば、ふっくらおいしく仕上がります。 甘辛の定番味付けなので、このまま調理するのはもちろん、和食や中華へのアレンジも楽しめるのだとか。

【関連記事】