Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ホンダF1】田辺TD「PUモード制限下で拮抗した予選、結果はかなり厳しいもの」/F1イタリアGP予選

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
TopNews

F1第8戦イタリアGP(4日から6日決勝レース、モンツァ)の予選を終えて、ホンダF1の田辺豊治(ホンダF1テクニカルディレクター)が次のように振り返った。 ●【予選結果】2020年F1第8戦イタリアGP予選Q1-Q2-Q3のタイム差、周回数 ■田辺豊治(ホンダF1テクニカルディレクター) 「今日のF1イタリアGP予選は、新たに導入されたPUモード制限の下で行われた初めてのセッションとなりました。 我々Hondaとしては、昨日と今朝のプラクティスセッションを通して新たな制限に対し、PUのセッティングを最適化して臨みました。 ここモンツァで例年発生する予選中のトラフィックなどにも影響されたところはありますが、予選結果はかなり厳しいものとなりました。 昨日からマシンのバランスにやや苦しんでいたアストンマーティン・レッドブル・レーシングのフェルスタッペンは接戦のなかで5番手、チームメイトのアルボンとスクーデリア・アルファタウリ・ホンダのガスリーは、フェルスタッペンに対して0.3秒差ながらも、タイトな戦いの中で9-10番手、クビアトがそれに次ぐ11番手と、簡単な予選ではありませんでした。 予選での各車のパフォーマンスは非常に拮抗しており、レースでも少しのミスがポジションを大きく左右することが予想されます。 レースで最大限の結果を得られるように、チームと共に万全の準備をして臨みたいと思います。」

【関連記事】