Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

グラビアアイドルが続々YouTuberデビュー 清水あいりの“おふざけ満載”動画に注目集まる

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 有名タレントのYouTuberデビューが相次いでいる2020年、新たなチャンネルや動画企画をピックアップするとともに、その方向性や内容を検証する本企画。この1週間前後では、グラビアアイドルや女性スポーツ選手、そして芸歴30年のお笑い芸人がデビューを果たした。 【写真】攻めた内容の動画で話題を広げる清水あいり ・ちとせよしの「よしのんチャンネル」 5月19日デビュー  佐賀県出身、20歳のグラビアアイドル・ちとせよしのがYouTubeデビュー。挨拶動画では、どアップで登場。自己紹介のあと、唐突に「ファッションチェック!」と言い、500円のTシャツと1,000円のズボンというお気に入りの部屋着を紹介し、「チャンネル登録者数3,000人から目標にしていきたいと思います!」と宣言した。5月27日現在ですでに登録者数は7000人を超えており、注目度が高い。  2本目は「パリパリ無限豆苗」作りに挑戦。混ぜるだけの簡単な作業だが、完成後には「包丁を握った時点で自炊!」と自信ありげに断言するなど、キャラクターが面白い。3本目はインスタで募集した、ファンからの質問に答えるという企画で、どの動画も分数は短め。自身でおこなっている“ゆるい”編集も相まって、さくっと見られる。ちょっとした隙間時間に、彼女と一緒にゆるい時間を過ごしてはどうだろう。 ・清水あいり「清水あいりのおイタがすぎまんねんTV」 5月 21日デビュー  数々のバラエティ番組に出演し、“あざとかわいい”キャラクターで人気を集めるグラビアアイドル・清水あいり。そんな彼女が、「悪ふざけしながら美とSEXYの融合をお届け」という斬新なテーマのYouTubeチャンネルを開設した。  1本目の動画では、“恋に悩む奥手な女の子にオススメ”とし、「男を落とすノーブラファッション」を披露。自宅のクローゼットから私服を紹介したあとに、カメラを足元に置いて生着替え(!?)するという大胆さだ。ちなみに、動画の最後で「ノーブラ」は「ノーマルブランド」のファッションのことだと明かす。  2本目は、モテたい男子必見とし「クイズ、これ何の顔!?」というジェスチャーゲームを開催。一見きわどいジェスチャーに見えるが、実はどれも平凡な仕草だったというオチ。この攻めた内容に、視聴者からは「可愛い!」という声とともに「何してるの(笑)」というツッコミのコメントも。おふさげ満載で清水ワールド全開の動画は、男性はもちろん女性も楽しめそうだ。 ・河本結「河本結ちゃんねる Yui Kawamoto」 5月 22日デビュー  スポーツ選手が続々とYouTubeデビューを果たす中、愛媛県出身の女子プロゴルファー・河本結もそれに続いた。記念すべき初動画では、やや緊張した面持ちでチャンネル開設を報告。「YouTubeを通して普段は見せられない海外での生活を見せたい」と話し、「(自身の動画を見て)女子プロゴルファーという夢を持つ子どもたちが増えれば」という願いも語った。  具体的な動画の方針としては、自身が所属するUSLPGA(全米女子プロゴルフ協会)のツアーの様子やスコアメイクに役立つような練習法、英語上達企画などを主に発信するという。2本目の動画では、さっそく「アルク」協力のもと、初めてのTOICの模試テストに挑戦。動画の最後には「難しかった。次テストするよりは点数を上回るように頑張りたい」と意気込みを見せた。  3本目には体幹トレーニングの動画を公開するなど、コンスタントに配信している。この機会に、彼女と一緒にゴルフと英語上達を目指してみては? ・奥原希望「奥原希望 のんちゃんねる- Nozomi Okuhara -」5月23日デビュー  バドミントン女子シングルス日本代表の奥原希望も、個人チャンネルを開設した。1本目の挨拶動画では、バドミントンの試合観戦に足を運んでもらうまでのハードルの高さや、海外で活躍しているためファンとの交流が少ないという悩みを吐露。「YouTubeを通して、バドミントンの指導やフットワーク、コツを届けたい」と話し、トッププレーヤーという立場から「バドミントンの面白さ、魅力を発信したい」と意気込んだ。  また、最近ではテレビよりもYouTubeを見るそうで、お笑い芸人のカジサックや同い歳の女優・川口春奈など有名人のチャンネルがお気に入りだと話す。同じアスリートである朝倉未来も気になっているそうなので、今後のコラボにも期待したい。  2本目の動画では、体幹トレーニングの「初級編」を公開。体幹は、バドミントンのプレイにつながるほか、姿勢が良くなりダイエットにもつながると言う。今後もトッププレーヤー目線の情報発信から目が離せない。 ・なだぎ武「なだぎちゃんねる」 5月19日デビュー  止まらないお笑い芸人のYouTubeデビューだが、芸歴30年以上のなだぎ武もその波に乗った。ナチュラルな表情で自宅から発信した1本目の動画では、「コロナの影響で、外でのロケができない」と現状を話し、YouTubeでやりたいことを語った。  たとえば「日常を切り取った人間あるあるコント」や、「キャラもので体当たりロケ」など。具体的には、ジブリのムスカ大佐の姿でスカイダイビング、魔女宅のパン屋の主人(フクオさん)の恰好でパン屋のお手伝いをする、ナウシカでパラグライダーなど、なだぎにしか実現できないであろうユニークな企画を話した。また、「芸能人のモノマネをしながら街めぐり」や、49歳である自身の日常を発信する「おっさんのまったり動画」など、やりたいことが続々と出てくる。  2本目は、宣言どおり、「おっさんのモーニングルーティーン」と題した、なだぎの日常を配信。“おっさん”というものの、ちょっと良い飲むヨーグルトを飲んだり、美顔器を使ったり、ストレッチをおこなったりするなど、意外にもおしゃれな日常に視聴者からは驚きのコメントが寄せられた。今後も、彼の味を生かした企画に注目したい。 ・それぞれの「職業」を生かした発信がコアな視聴者に刺さる?  今週は、グラビアアイドルと女子スポーツ選手が2人ずつデビュー。同じグラビアアイドルでも、素や日常を発信するちとせよしのに対し、お色気系の企画を発信する清水あいりと、それぞれの個性が際立つ動画はアイドルらしい発信方法だ。また、河本結、奥原希望など海外で活躍する女子スポーツ選手は、YouTubeをファンとの交流の場や、スポーツの楽しさをダイレクトに伝える貴重な場として利用している点が共通している。それぞれの立場や職業を生かした発信は、コアなファンや視聴者を楽しませてくれそうだ。

稲垣恵美

【関連記事】