Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

17日から配信 「iOS 14」の新機能をまとめてチェック!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ITmedia Mobile

 iPhoneやiPod touch向けの最新OS「iOS 14」が、日本時間に9月17日未明に配信される。iOS 14では何が変わるのか。Appleが公開している情報をもとに予習しておこう。 iOS 14に対応するiPhoneとiPod touch

対応機種は?

 iOS 14は、以下の機種に対応する。iOS 13の対応機種と全く同一だ。 ・iPhone:iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE(第1世代)、iPhone SE(第2世代) ・iPod touch:iPod touch(第7世代)

Appライブラリ

 「Appライブラリ」は、インストールしたアプリをカテゴリーごとに自動で整理できる機能だ。ホーム画面を編集モードにしてページドットをタップするとページが一覧表示され、そこから不要なページをタップして非表示にすることもできる。  ライブラリの画面の左上にはアプリの利用動向に応じた「提案」、右上には「最近追加した項目」が表示され、他はカテゴリーごとにまとめられたアプリが表示される。

ホーム画面へのウィジェット配置

 従来、iOSのウィジェットはホーム画面の左端にしか置けなかったが、iOS 14ではホーム画面上に配置できるようになる。アプリにもよるが、置けるウィジェットのサイズも変更できる。

ピクチャー・イン・ピクチャーのサポート

 iOS 14では、動画を縮小して他のアプリの表示の上に載せて表示する「ピクチャー・イン・ピクチャー(PIP)」がサポートされる。動画はドラッグすれば好きな場所に置ける。

着信通知やSiriのコンパクト化

 従来のiOSでは、電話などの着信画面やSiriの利用画面が“全画面”だったが、iOS 14からは表示領域がコンパクトになる。直前まで使っていたアプリの表示が隠れることなくチェックできる。  なお、SiriではWebからの回答引用や、オーディオメッセージの送信などの機能強化も図られる

【関連記事】