Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

税金もクレジットカードで払える? 対象の税金とカード払いのメリット・デメリット

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ファイナンシャルフィールド

キャッシュレスが叫ばれる現代、クレジットカードで支払えないものは、ほとんどありません。そのような現代では、税金も支払うことが可能です。次回の税金からクレジットカードで支払ってみたい、という方のために、その方法やメリット・デメリットについてまとめてみました。

対象となる税金は?

国税庁のホームページに掲載されている「クレジットカード納付のQ&A」(※1)によると、以下の税金がクレジットカードで納付することができます。 ・申告所得税及び復興特別所得税 ・消費税及び地方消費税 ・法人税(連結納税を含む) ・地方法人税(連結納税を含む) ・相続税 ・贈与税 ・源泉所得税及び復興特別所得税 ・源泉所得税 ・申告所得税 ・復興特別法人税(連結納税を含む) ・消費税 ・酒税 ・たばこ税 ・たばこ税及びたばこ特別税 ・石油税 ・石油石炭税 ・電源開発促進税 ・揮発油税及び地方道路税 ・揮発油税及び地方揮発油税 ・石油ガス税 ・航空機燃料税 ・登録免許税(告知分のみ) ・自動車重量税(告知分のみ) ・印紙税 なお、罰則である附帯税(加算税や延滞税などのこと)についても、クレジットカード決済ができます。また、地方税に関して、各自治体のホームページに掲載されている税金は、クレジットカードで納付することが可能です。

支払方法はどうなっているの?

国税は、「国税クレジットカードお支払サイト」(※2)があります。地方税は、各自治体のホームページに支払サイトが設けられています。また、民間サイトでも納付が可能です。手続きする前に、クレジットカードと納付先の税務署名、納付税目の分かる資料(申告書)を用意してください。 (1)国のサイト まずは、「国税クレジットカードお支払いサイト」にアクセスします。 ↓ その後、注意事項をよく読み、内容を確認した旨のチェックをしてください。 ↓ そして「同意」ボタンを押してください。 ↓ 次に、指示通りに個人情報を入力していきます。この際、必須項目が抜けないようにしてください。 納付税目を選択すると、それに伴って期間なども入力する必要があります。最後にクレジットカード情報の入力です。 ↓ これらすべての入力ができたら、最終確認後、送信して完了です。 (2)その他 多くは、自治体のホームページから手続きを進めます。または、「ヤフーの公金支払い」というサイトからもできるようです。手続きの流れは、それぞれのホームページで異なるようですが、入力する内容(個人情報)はほぼ同じです。一度のぞいてみてください(※2)。

【関連記事】