Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

まさに「ミスターMリーグ」多井隆晴、逆転Vへトップ狙い撃ち成功/麻雀・Mリーグ

配信

ABEMA TIMES

 Mリーグ2019 朝日新聞ファイナルシリーズ6月22日の1回戦で、渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)が有言実行となるファイナル初勝利を決めた。 【画像】Mリーグ・ファイナルシリーズ最新成績  対局者は起家から多井、KADOKAWAサクラナイツ・岡田紗佳(連盟)、セガサミーフェニックス・魚谷侑未(連盟)、U-NEXT Pirates・石橋伸洋(最高位戦)。  先週末、箱下ラスから逆転トップをもぎ取ったチームの若武者・松本吉弘(協会)からバトンを受けた絶対エースは「ひたすら1位だけを目指して4人で戦います」とチームメイトの熱い思いを背負って開局からアクセル全開だった。  東1局の親番、隙のない手順でリーチ・ツモ・平和・イーペーコー・赤で1万2000点をアガると、トップギアをキープしたまま5万点オーバーまで点棒を積み上げた。  トップ目で迎えた南1局の親番では、10巡目に魚谷から先制リーチを受けながら、多井も13巡目にテンパイを入れた。待ち牌選択は、ドラ二万を切ってカン三万待ちに受けるか、ドラ二万と8索のシャンポン待ちに受ける四万切りかの二択。魚谷の河に五万が切られていたこともあり、逡巡した多井は五万のスジ牌でもあったドラ二万を切り、カン三万待ちで追っかけリーチを敢行した。  しかし魚谷への2600点の放銃となった結末には、絶対エースの表情が歪んだ。16巡目に8索をツモっていたため、リーチ・ツモ・赤・ドラ2・裏ドラ3という親の倍満2万4000点という未来が見えてしまったがゆえだ。  勝利者インタビューではこの選択について「自分が許せない」と神妙な面持ちで振り返った。放銃を恐れず、自信のあった8索待ちを選択して倍満をアガリ切れていれば「まだまだ連荘できる」という感触を持っていたため、多井の中では選択ミスと捉えていたのだ。  ここぞという場面で勝利してもなお悔しがるエース。ただこれまで無数のタイトルを獲得してきた条件戦の名人が、トップが欲しい試合で狙って取るという期待に応えたことに変わりはない。その証拠にファンからは「Mr.Mリーグ!多井!」「多井無双」と賞賛コメントが押し寄せていた。  昨期ファイナル3位という悔しい思いを抱いているだけに、Mリーグ初制覇という頂点だけを目指すエースの戦いはまだまだ終わらない。【福山純生(雀聖アワー)】

【関連記事】