Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【陸上】やり投・北口 今季世界10位の63m45新しい助走に手応え/全日本実業団

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
月刊陸上競技

 全日本実業団対抗(熊谷)2日目の女子やり投で、日本記録保持者の北口榛花(JAL)が63m45を投げて優勝した。  8月のゴールデングランプリ以来、今シーズン2試合目。5投目に社会人となって初の60m超えとなる62m88を投げた。優勝を決めた最終6投目に、63m45。自己4番目、今季世界ランキング10位に入るビッグアーチだった。  今年に入り、新しい助走にチャレンジしている北口。保持走を8歩から10歩へ、最後のクロスステップを8歩から6歩にした。それにより助走スピードが上がる反面、「やりをセット(構える)するのが課題」。だが、今日の5、6投目は「良い投げができました」。これまで頭で考えながら動いていた段階を脱し、「クロスを短くしてから、この感じでやりを引けば間に合うというのがわかってきた」と北口。「6回目は(課題を)頭から少し消して、投げるほうに意識を向けられた」ことで好記録につながった。  日本記録66m00を持つ北口にとって「63m止まり」に思われるかもしれないが、自己4番目、パフォーマンス日本歴代でも5位。北口の前の日本記録63m80(海老原有希、15年)を考えれば、試行錯誤の段階で出したこの記録の価値は高い。  今季の世界10位。すでに中国で67mを投げる選手がいて、“第二の故郷”とも言えるチェコの偉大な先輩、世界記録保持者のバルボア・シュポターコヴァは65mを放っている。リスクを負ってでも新しい技術習得を目指すのは、その世界と対峙するため。雨を切り裂いたこの日のやりは、着実に上空へと飛び立つための大きな一歩となる。 ■女子やり投結果(上位3人) 北口榛花(JAL)63m45=大会新 佐藤友佳(ニコニコのり)56m97 右代織江(新潟アルビレックスRC)56m28 ■女子やり投パフォーマンス日本歴代5傑 66.00 北口榛花 19年 64.36  北口2  19年 63.80 海老原有希 15年 63.68  北口3 19年 63.45  北口4 20年

向永拓史/月刊陸上競技

【関連記事】