Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

カープOB 大野豊が考える“エースの条件”<vol.1>「自分は決してエースではなかった」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
広島アスリートマガジン

 古くは長谷川良平から、北別府学、佐々岡真司。近年では黒田博樹、そして前田健太。脈々と受け継がれてきた、カープのエース道。チームにおける特別な存在として“エース”という称号が贈られる投手とは、その他の投手と何が違うのだろうか? 【写真】北別府学に、津田恒実……80年代のカープ投手陣たちと大野氏が映る貴重カット  “投手王国”と呼ばれた80年代のカープにおいて、独特なフォームと七色の変化球を武器に活躍し、88年には沢村賞にも輝いたカープOB・大野豊。全3回からなる本コラムでは、22年間の現役生活の中で先発から抑えまで、投手として全ての役割を経験し、数々の個性派エースの姿を間近で見てきた大野氏の語りを通じ、“エースの条件”を解き明かす。  第1回目は大野氏が現役時代にしのぎを削ったエース級投手たちを振り返りながら、“エース”と呼ばれる投手に必要不可欠な要素を語ってもらった。 ◆“勝利の数”こそエースの証   “エース”という言葉を聞いて、みなさんはどのような投手を連想するでしょうか。現役時代、そして引退後もさまざまな投手を見てきましたが、私が思うに真のエースとは“信頼を得ている投手”のことだと思っています。  その信頼とはグラウンドに立つ選手たちはもちろん、首脳陣、そしてファンのみなさんから得るものであり、エースの称号とは一朝一夕で得られるものではありません。そして内容の良い投球をするだけではなく、エースには結果も求められてきます。そういう意味では私個人の見解としては、勝ち星を残して、負け数が少ないこともエース投手に求めたい条件の一つと言えるでしょう。  私が現役だった頃と、今では先発投手の役割が変化してきています。投手の分業制が主流の今、こんなことを言ったら『古い考えだ』と言われてしまうかもしれませんが、いつの時代であってもエースはリリーフに頼らずに試合の最後まで投げ抜く、そしてチームに勝ち星をつけるつもりでマウンドに上がってほしいところです。最後の回まで先発が投げるというのは、信頼がなければできないことですからね。  もちろんすべての試合でそんな芸当は難しいかもしれませんが、せめて各球団のエース級の投手たちはそういう思いを持ってほしいと願っています。  

【関連記事】