Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「奉行クラウド」が全国金融機関39行とAPI連携、OBCが提供

配信

BCN

 オービックビジネスコンサルタント(OBC、和田成史社長)は、「奉行クラウド」が39行の金融機関が提供する参照系APIとの連携を5月20日に開始したと発表した。  18年6月1日に施行された改正銀行法により、電子決済等代行業者は金融機関とのAPI連携を通じた安心・安全な連携が求められている。これにともない奉行クラウドは、API連携の基盤としてSBIビジネス・ソリューションズ(夏川雅貴社長)が提供する「MoneyLook for 奉行クラウド」を活用し、金融機関とのAPI連携を実現した。  API連携に対応した法人口座を利用している顧客は、クラウド会計システム「勘定奉行クラウド」でインターネットバンキングのIDやパスワードを登録することなく、利用明細や残高情報を自動取得でき、安全・便利に入出金仕訳入力の完全自動化が可能となる。  OBCでは、今後もAPI連携が可能な金融機関を順次拡大し、様々な奉行クラウドとの連携を行い、中堅・中小企業のバックオフィス業務の自動化による生産性向上を支援していく考え。

【関連記事】

最終更新:
BCN