Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

熱すぎる鉄板!森内俊之九段、藤井聡太棋聖の連勝をストップ「ぜひ戦いたかった」/将棋・AbemaTVトーナメント

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 プロ将棋界初の早指し団体戦「第3回AbemaTVトーナメント」の決勝トーナメント準決勝、チーム永瀬VSチーム康光が8月8日に行われ、第5局でチーム康光・森内俊之九段(49)がチーム永瀬・藤井聡太棋聖(18)に勝利した。十八世名人の資格を持つレジェンドが、将棋界の話題の中心にいる天才棋士を、分厚い将棋で圧倒。視聴者も大興奮となった。 【動画】激闘の一局  これが歴史を築いてきた者の底力だ。藤井棋聖が先手から得意の角換わりを用いてくると、居飛車党として数々の名局を生んできた森内九段も、どっしりと対応。堂々と受けて立つ序盤、中盤となった。中盤、千日手模様の局面が訪れたが、森内九段がうまく打開に成功すると、終盤には逆転を狙う藤井棋聖の怪しい手を振りほどき“鉄板流”の異名どおり、分厚い将棋を徹底。「公式戦でもすごい棋士ですし、ぜひこの場で戦いたかった」と、公式戦では0勝3敗の相手に、若手有利と言われる早指し戦の場で大きな勝利を手にした。  森内九段は、順位戦では自らフリークラスへの転出を宣言し、今後は名人に挑戦することはないが、最近の好調ぶりに、まだまだトップクラスで活躍できるのではというのが、周囲の評判にもなっている。天才棋士を打ち破るレジェンドの姿に、中継していたABEMAの視聴者からも「タイトルホルダーに勝つフリクラ」「フリクラ最強」「さすが永世名人は違う」と驚きに満ちた言葉が飛び交っていた。 ◆第3回AbemaTVトーナメント  持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで対局。全12チームが4つの予選リーグに分かれて戦い、各リーグ上位2位までが予選通過。決勝トーナメントは5本先取の9本勝負で行われ、勝ち越しが決定した時点で終了する。1チームは3人で、各棋士は1試合につき最低1局、最大3局の範囲で指す必要がある。対局者は各対局前に決定する。優勝賞金1000万円。 ◆決勝トーナメント進出チーム  チーム渡辺、チーム永瀬、チーム康光、チーム三浦、チーム久保、チーム天彦、チーム広瀬、チーム糸谷

【関連記事】