Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

なぜ、東大はどこよりも早くオンライン化できたのか? ウィズ・コロナ時代に淘汰されない組織の形

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

5月25日をもって解除された緊急事態宣言。しかし、これですぐに生活が元に戻るわけではない。第2波への警戒から「新たな生活様式」が求められている。 【全画像をみる】なぜ、東大はどこよりも早くオンライン化できたのか? ウィズ・コロナ時代に淘汰されない組織の形 東京大学では3月18日、五神真総長から、 「対面での講義は最小限とし、オンライン化を奨励し推進する」 とのメッセージが出されたあと、緊急事態宣言が発出される前日の4月6日には、当初のスケジュール通りに講義をオンラインでスタートさせた。 現状、実験や実習といった物理環境が必要な講義以外は、ほぼすべての講義をオンライン上で実現できているという。 講義をオンライン化するにも新学期の開始日程を延期する大学が多かった中、なぜ東大はこれほど早く対応できたのか。 東大のオンライン化を主導する立場を担った、東京大学情報基盤センター長・田浦健次朗教授に話を聞くと、大きな組織が変化するために必要なヒントが見えてきた。

「事前体制は不十分」も、順調な滑り出し

名実ともに日本のトップ大学である東京大学。オンライン講義をスムーズに導入できたと言っても、「豊富な資金力にものを言わせて、以前からオンライン講義の体制を整備していたのだろう」と、考える人もいるかもしれない。 しかし実際のところ、コロナ前のオンライン講義体制はそれほど充実していたわけではなかった。 「講義で使うコンテンツ(パワーポイントやPDF)の共有などはこれまでも普通に行われていましたが、オンライン上で100人規模の講義を行うといった取り組みはさすがにやってきませんでした。 (従来の)オンライン講義については、研究倫理や情報セキュリティの初歩など、分野を問わず多くの人に必須の内容をいつでもアーカイブから見直せるようにする目的のものが主でした」(田浦教授) 教員のITリテラシーはまちまちで、これまでツールがあってもうまく活用できる人は限られていた。また、仮にオンライン化を推し進めようとしても、各部局がそれぞれの事情を抱える中で、具体的にどんなツールをどのように運用するのかを決めるには、内部調整や意思決定のために多くの時間を割かなければならない。 総長の鶴の一声があったとしても、約3週間という短期間で全学のオンライン化を混乱なく実現するのはほとんど至難の技といえるだろう。 にもかかわらず、このコロナ禍では実際にスムースなオンライン講義を実現できている。現場で何が起きているのか。田浦教授はまず現状を次のように話した。 「基本的にリアルで受けるときと同じ時間、コマ数なども変わらずに講義が行われています。オンライン講義にもパターンはいくつかあると思いますが、東大ではほとんどがいわゆる『双方向型』の授業です。結局それが一番シンプルなんです」(田浦教授) 「Zoomにうまく入れない」といった想定内のトラブルは一定数起きているものの、予期せぬ大きな問題はこれまでのところ起きていないという。 少なくとも、滑り出しは順調だといえるだろう。

【関連記事】