Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今年こそ、「梅干し」を手作りしよう!失敗しない作り方【漬け方編/ちょこっと漬け#33】

配信

kufura

kufura

今回は、kufuraの連載「ちょこっと漬け」でおなじみの料理研究家・沼津りえさんに、「梅干し」の漬け方を教わりました。“新しい日常”の中で、保存食が見直されるいま、“梅を仕込む”という昔ながらの手仕事を楽しんで、自家製の梅干し作りに挑戦してみませんか? 【写真で作り方をチェック!】おいしい「梅干し」の漬け方編

梅をひとつずつ優しく扱う、丁寧な手仕事に癒されて

「我が子のように毎日手を掛けながら、自分で漬けた梅干しのおいしさはひとしおなんですよ」と、毎年愛情を持って梅干しを仕込んでいる沼津さん。 毎年6月に開催される梅干し教室は大盛況! リピーターのかたも多く、毎年予約でいっぱいになるそうです。 そんな「梅干し作り」に定評のある沼津さんのレシピを、今回特別に教えてもらいました。 懇切に分かりやすく、さらにとても楽しく解説してくれたので、ぜひ動画を見ながら、梅干し作りに挑戦してみてください。まずは「漬け方編」からスタート!

【梅干しの基本の作り方】

(1)梅の塩漬けを作る/6月中旬~6月下旬頃 ↓(梅酢が上がるまで3~4日置く) (2)赤しそを加える(赤しそ梅干しにする場合)/6月下旬~7月上旬頃 ↓(3~4週間以上置く) (3)3日間の天日干しをする/7月中旬~7月下旬頃までの晴天が続く日 ↓(約3日続けて天日干しにする) (4)保存して3か月後頃、完成! 基本の流れはこちら。赤しそを入れない場合は、(1)の工程が終わったらそのまま梅雨明けを待って、天日干しにします。天日干しにした後、3か月くらい置いたら食べられますが、1年ほど置くとよりまろやかな味になります。

【材料】(作りやすい分量)

梅の実・・・1kg ホワイトリカー(35度以上)・・・大さじ4 粗塩・・・150g(梅に対して15%の塩を用意) ※消毒用のホワイトリカー(35度以上)・・・適量 【赤しそ梅干しにする場合はこちらも用意】 赤しそ・・・100~150g(梅1kgあたり) 粗塩・・・小さじ2 梅は完熟したものを使うのがポイント。熟成して黄色っぽく色づいた梅を使うとおいしく仕上がります。 塩は粗塩を使用します。しっとりとしている粗塩は、梅酢の上がりが早く、味もまろやかになります。

【関連記事】

最終更新:
kufura