Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【1980年】新人・岡田彰布の起用をめぐり大混乱。阪神・ブレイザー監督、途中退団/プロ野球回顧録

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

持ってる男のはずが?

 東京六大学史上に残る強打者・早大の岡田彰布。1979年秋のドラフト会議では6球団が1位指名で競合し、相思相愛の阪神が交渉権を獲得。ここまでは、まさに“持ってる男”だった。  岡田の大学時代のポジション、サードにはミスター・タイガース、掛布雅之がいたが、それでも岡田は「ずっとやってきたので、三塁手に愛着があります。掛布さんに挑戦するつもりでやりたい。最初からコンバートではなく、競わせてほしい」と話し、1月の自主トレでも「サードの岡田です」とあいさつした。  この時点でブレイザー監督は「三塁は掛布だ。岡田にはセカンドかショートで使いたい」と言っていた。当時の阪神内野陣はショートのレギュラーは真弓明信でほぼ固定、セカンドは榊原良行、加藤博一、中村勝広で競い、一塁には故障の藤田平に代わり、佐野仙好が入っていた。  アリゾナでの春季キャンプではシートノックでもファーストに入ることが多く、ブレイザー監督が佐野をセンターにコンバートしたことで、「岡田のためにポジションを空けたのでは」とも言われた。  しかしキャンプ中に元ヤクルトのセカンド、ヒルトンを獲ったことで話がややこしくなる。ヒルトンは肩を壊しており、入れるとしたら一塁しかない。ここから岡田は外野守備の練習もスタート。それに対し、不満を漏らしたとも伝えられた。  当時、ブレイザー監督は、マスコミに対しても、こう断言してた。 「アメリカではルーキーがすぐメジャーに上がってくることはあり得ない。2A、3Aで結果を出し、一段一段上がってくるのが当たり前だ」  しかしながら、新しきスターを期待する阪神ファン、また岡田で観客動員アップを期待する球団の思惑はまた違う。さらに言えば、阪神ファンは、もともと田淵幸一を西武に放出したブレイザー監督に、いい感情は持っていなかった。  オープン戦、さらに開幕後も岡田は代打要員。徐々に甲子園の雰囲気がおかしくなる。一塁で起用されたヒルトンが打席に入るたび、大「岡田コール」。ここでヒルトンが打てば少しは収まったのかもしれないが、絶不調とあって、そのコールがどんどんエスカレート。球場を出て、家路に向かうヒルトンが乗ったタクシーをファンが囲んで罵声を浴びせながら揺さぶるなどもあった。

【関連記事】