Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

NEWS手越、事実上のクビで“爆弾”投下も!? ジャニーズ事務所は戦々恐々

配信

夕刊フジ

 ジャニーズ事務所との専属契約が19日、解除されたNEWSの手越祐也(32)。活動自粛発表から1カ月もたたないうちの退社は、事務所が手越に手を焼いた結果で事実上のクビといえる。今後は実業家になるとも、ユーチューバーになるともいわれるが、円満退社とはいえないだけに、まさかの“爆弾”投下も十分にありえる事態だ。  緊急事態宣言を受けて外出自粛が要請される中、夜の飲み会に参加したという報道が相次いだことで、限定ユニットから外されたばかりか、活動自粛となった手越。  「以前から退社の意向でしたが、今回の措置でも反省した様子はなく、むしろ事務所への不信感が高まったようです」と音楽関係者。  契約解除をめぐっては事務所側と直接話をすることなく、弁護士を通じて協議したという。それだけ事務所との溝が深まっていたわけだ。  「女性関係にとどまらず、金塊強奪犯とのツーショット写真騒動などたびたびスキャンダルに見舞われてきたが、そのたびに事務所側が大ごとにならないように守ってきた。それで増長してしまったようです。事務所も体制が替わり、甘くなくなったのです」と先の音楽関係者。  今後については実業家に転身するとの見方が強い。「手越にはこれまでの夜遊びで多くの実業家との人脈を培ってきたという自負があります。実質的に飲食店のオーナーを務めるなど実績もあり、店舗経営などのビジネスに乗り出すようです」と芸能リポーター。  一方でユーチューバーとして活動するとも。契約解除発表のわずか1時間後に開設したばかりのツイッターは20日朝の時点でフォロワーは55万人を超えている。ジャニーズの内部を暴露するような動画を公開することにでもなれば、バズる可能性は十分にある。それだけに事務所側も戦々恐々なのだ。  週明けに会見を開くと予告した手越。準備は万端のようだ。

【関連記事】