Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型ウイルス 津市議が感染 20代女性も 三重

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
伊勢新聞

 三重県は16日、山路小百合津市議(50)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内で議員の感染判明は初めて。津市の20代薬局事務員女性の感染も判明し、県内の感染者は延べ466人となった。  県によると、山路市議は10日に38・7度の熱と頭痛、関節筋肉痛があった。翌11日も症状が続いたことから医療機関を受診。15日に受けた検査から陽性と判明した。現在も嗅覚に異常があるという。  山路市議は7―9日まで市議会本会議に出席。9日は一般質問に臨み、議員活動で関係者と面会した。県は所属会派の市議6人や家族ら8人を濃厚接触者に特定。市職員らを含めた計16人を検査する。  県外への訪問はなく、感染経路は現時点で不明。県は来県者との接触がなかったかを調べる。「発症の時期などを踏まえると、議場で感染したり、感染を広げたりしたとは考えづらい」としている。  また、薬局事務員の女性は12日から熱などの症状があり、15日に受けた検査で陽性と判明。12日まで県内の薬局に出勤し、県は職場関係の7人を検査する方針。感染経路は分かっていない。

伊勢新聞