Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<森七菜>「エール」の“梅ちゃん”がすっかり定着 期待の若手女優も驚いた朝ドラ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MANTANWEB

 窪田正孝さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」(総合、月~土曜午前8時ほか)で、ヒロイン・音(二階堂ふみさん)の妹・関内梅を演じている森七菜さん。森さんは今回が初の朝ドラで、4月21日放送の第17回に初登場すると、大きなメガネがトレードマークの文学少女“梅ちゃん”として人気を集めてきた。昨年1月期に放送され、大きな話題となった連続ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ系)以降、期待の若手女優として数々の作品に起用されてきた森さんに話を聞いた。 【写真特集】可愛すぎる梅ちゃん! 恋する乙女な森七菜の表情… 絶対にメロメロになる!!

 ◇初めて会う人からも“梅ちゃん”呼び 改めて朝ドラの影響力を実感

 森さんは2001年8月31日生まれ、大分県出身の19歳。2016年に大分県内でスカウトされ、芸能界入りした。2017年に人気グループ「嵐」の櫻井翔さん主演の連続ドラマ「先に生まれただけの僕」(日本テレビ系)で生徒役を務め、同年は、映画「心が叫びたがってるんだ。」にも出演。2018年には、連続ドラマ「獣になれない私たち」(同局系)で田中美佐子さんの独身時代を演じた。

 昨年は「3年A組」以外にも、映画「男はつらいよ」の主人公・車寅次郎(寅さん)の少年時代を描いたNHKドラマ「少年寅次郎」にも出演。新海誠監督の劇場版アニメ「天気の子」ではヒロイン・陽菜の声優を務め、月刊情報誌「日経トレンディ」(日経BP社)の「2020年の顔」にも選ばれた。また、今年1月公開の岩井俊二監督の映画「ラストレター」では一人二役をこなし、主題歌「カエルノウタ」で歌手デビューを果たす。さらに、眞島秀和さん主演のドラマ「おじさんはカワイイものがお好き。」(読売テレビ・日本テレビ系)ではナレーションを担当。この秋には初主演ドラマ「この恋あたためますか」がTBS系でスタートする。

 そんな森さんに「エール」出演後の反響を聞くと、「驚いたのは、他のお仕事の現場で初めてお会いする方からも、“梅ちゃん”と役名で呼んでもらえることですね。『朝ドラ見てるよ。頑張ってね』と励ましの言葉をいただくことも多くて。改めて朝ドラの影響力を実感しましたし、とても愛されているドラマなんだなあと日々感じています」と明かす。

【関連記事】