Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

《ブラジル・コラム》特別寄稿=「歌は世につれ 世は歌につれ」=コロナ禍に昭和歌謡を懐かしむ=サンパウロ市ビラ・カロン在住 毛利律子

配信

ニッケイ新聞

 外出禁止のコロナ禍が長期戦ともなると、なんらか好みに合った物事を見いだして楽しく過ごす方法を考えなくてはならない。そういう日々で痛感するのは、パソコンの有用性である。  インターネットを使って一昔前の映画、古今東西の名曲、歌謡曲などを楽しむのもよい。まさに今、NHKの朝ドラ番組で日本を代表する作曲家古関裕而のドラマが放映され、懐かしいメロディーの数々を堪能しているところだ。  戦後生まれの団塊世代にとっては、両親、祖父母が常に口ずさんでいた歌謡曲、古い校舎で歌った童謡は子供心に強く刻み込まれ、曲を聴きながら当時を想い、涙ぐみながら、往年の歌手の歌声に合わせていつの間にか口ずさんでいるのである。

「歌は世につれ 世は歌につれ」

 この言葉は昭和の歌番組の冒頭に名司会者のナレーションで流れていた。  その意味するところは 、「歌は世の成り行きにつれて変化し、世のありさまも歌の流行に影響される。ある時代によく歌われる歌は、その時代の世情を反映しているもの」。  それにしても、驚くような古い映像から名曲の作詞家・作曲家群像の歴史を知る。そのような人々は天賦の才を持った、天から下りてきたような人々であると確信するのである。  しかも、たとえ時代がどんなに過酷であっても、またその天才たちの人生が波乱万丈であったとしても、生み出された作品は神がかっていて、それこそ、何物にもまして人を癒してくれる力を備えている。

美しい日本語を歌う

 大作曲家・古関裕而(こせきゆうじ、1909年―1989年)は80歳の生涯で5千曲を作ったという。そのレパートリーは、軍歌、歌謡曲、応援歌などに幅広く、作曲の作業には楽器を一切使わずに頭の中だけで作曲したというから、これこそ神がかりの技といえよう。  古関裕而はまた、多くの、天才作詞家とともにヒット曲を連発している。その一つの『君の名は』の主題歌が、古関裕而作曲と知って驚いた。  このラジオドラマはすぐに映画化され、主演の佐田啓二と岸恵子の美しさはもとより、同時に歌手・織井茂子の歌声が忘れられなかった。  私は洋画を好んで観ていたので、『君の名は』の設定は、ロバート・テーラーとビビアン・リーの『哀愁』で、二人が出会うロンドンのウォータールーの橋の上の場面に重なった。  映画の一場面では、この絶世の美男美女が踊る「別れのワルツ」(原曲はアイルランド民謡。日本では「蛍の光」として歌われている)にもっぱら心を奪われていた。  しかし今、改めて古き『君の名は』の映像を見ると、佐田啓二も岸恵子も本当に美しい。日本人の俳優もこんなにも綺麗であったかとほれぼれとしつつ、また、歌詞のすばらしさはもとより、この物語や歌詞をこれほど美しいメロディーに変えしまう作曲家の創造力に圧倒されるばかりである。  古関裕而と菊池一夫は共に、挙げればきりがないほど多くの作品を世に送っているだけでなく、膨大な数の歌の一つ一つには、全てにその曲が生まれるためのエピソードが備わっているということも、とても興味深い。  もう一人は詩人、フランス文学者で、早稲田大学の教授であり、作詞家の西條八十(さいじょうやそ、1892年―1970年)がいる。童謡、歌謡曲、軍歌、校歌、社歌で残した作品は1万5千以上といわれている。そしてそれらの歌は、時代を作る名曲となった。

【関連記事】