Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今が旬! ズッキーニの調理法 5つ

配信

ELLE ONLINE

サラダにもぴったり!

ズッキーニはいろいろな料理に生かせる万能野菜で、その調理法はバリエーション豊か。焼いたり炒めたり煮たりする以外にも、生のままサラダで食べてもおいしい。   そんなズッキーニを最大限楽しむべく、5種類の調理法をご紹介!

炒める

ズッキーニを輪切りか棒切りにし、フライパンに油をひく。ただしズッキーニは吸収のよい野菜なので、油を入れすぎるとべちゃべちゃになってしまう。   ほどよい量の油を熱したら、それぞれ2~3分ずつ両面を焼き、最後に調味料を加える。味付けは、塩、こしょう、しょうゆ、味噌、スイートチリソースなどにトライして。

ローストする

オーブンを180℃(ファンオーブンは160℃)に予熱する。ズッキーニを1cm幅の棒切りにして、油、塩、こしょう、そのほかお好みの調味料を加える。唐辛子は相性抜群、ミントを使うのも◎。   それを鉄板に並べて、15分ローストする。フェタチーズなどのチーズを加えるなら、ズッキーニをオーブンから取り出す5分前に振りかける。

炭火焼にする

スライサーやナイフを使って、ズッキーニを縦長に切る(0.5cmくらいが理想的)。油、塩、こしょうをかける。   鍋を中火に熱し、ズッキーニを並べて2~3分ずつ両面を焼く(すでにズッキーニに油がついているので、油をひく必要はない)。ミントの葉をトッピングして出来上がり!

茹でる

スパイラライザーでズッキーニを麺状に切る。塩を入れた熱湯で30秒ほど湯通しする。ズッキーニを取り出し、お好みのソースとからめれば完成。

生のままで食べる

実は生のままサラダにしても美味しく食べられるズッキーニ。スパイラルカッターを使ってもいいし、じゃがいものピーラーを使って薄めのリボン状に削いでもいい。種の部分に達するまで回しながらピーラーでスライスして、ズッキーニを細長いスライスにすればOK。   最後はお好みの食材と一緒にトッピングしていただく。トマト、えんどう豆、ゴートチーズと和えたズッキーニのサラダは格別に美味しい!

original text: Matthew Lockwood cooperation : Yumi Kawamura ※この記事は、海外のサイト UK版『delish』で掲載されたものの翻訳版です。

ELLE gourmet

【関連記事】