Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

グザヴィエ・ドランの青春映画『マティアス&マキシム』。

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
フィガロジャポン

19歳の時、自身が高校時代に書いた小説を元にした『マイ・マザー』(2009年)で監督デビューしてから10年。常に国際的な脚光を浴び、映画祭の最高峰カンヌ国際映画祭でも審査員賞、グランプリなど賞を総なめにしている若き天才グザヴィエ・ドラン。そんな彼の長編8作目となるが『マティアス&マキシム』。30歳を目前に撮った青春映画に込められた思いとは。 『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』に描かれるグザヴィエ・ドランの美学。

これは20代の僕が感じていたこと。

――ハリウッドスターを起用した初の英語映画となった『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』(18年)を経て、ホームグランドで撮った『マティアス&マキシム』は、ほとんど地元の俳優をキャスティングされていますね。 みんな“戻ってきた”と言うけれど、何かの反動でこの作品を撮ったわけではないんだ。単に、この物語を伝えたかった。脚本は17年に書き始めていたしね。『マティアス&マキシム』は、何かと折り合いをつけるための作品ではないよ。友人たちと一緒に映画を撮りたかったんだ。守られていると感じたかったというのはあると思うけれど。自分の中で明らかに欠けていたコミュニティの感覚も取り戻したかった。

――なぜいま、“仲間たち”が登場する青春映画を撮ろうと思ったのでしょう。 僕の20代を知っている人は、僕がいろいろなことをやりすぎていると思っていたかもしれない。作っていた映画はうるさくて派手で緊張感にあふれ、いつでも叫んでいるような。それで、僕はより落ち着いた穏やかなものを作ろうと決めたんだけど、優しい映画だけでは物足りなくもあるんだよね。でも少なくとも、これが僕の感じたこと。20代の前半にはものすごい孤独を感じていたんだ。孤独は、僕の人生に大きな意味を与えてくれた。20代後半に出会った友人たちは、僕が違う側面や不安を持っていることを教えてくれたんだ。

アザは自分自身の心の中にある。

――前作では監督に専念していましたが、本作では主人公のマキシム(マックス)を演じていますね。 当初は自分で演じることは想定していなかったけど、周囲からも言われて演じることにしたんだ。30代はもっと俳優としての仕事をやりたいと思っているんだ。俳優の仕事はより自由が感じられる。 ――マキシムの顔にアザがある設定にしたのはなぜですか? アザがある人は、なにか重い荷物を背負っているようなものなのじゃないかと、彼らの立場に立って考えてみたんだ。絶えず注目を浴びて生きていかなければならない。それは、僕にも起こったことだ。僕はこの10年間、多くの人の視線にさらされて生きてきたから。マックスは顔にアザがあるけれど、仲間たちはそれを忘れさせてくれる存在だ。心地よく、愛されていると感じる。ただ、一度だけ強調されるシーンがあるのだけれど……。アザは僕の心の中にあるような気がする。出血しているアザ、傷のようなものだ。僕の心の不安や恐怖のようなもので、仲間たちといるときだけ忘れられるんだ。

【関連記事】