Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

韓国、漢字撤廃政策のツケ…過去にこだわる民族が歴史を知らないという皮肉

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリー新潮

結婚式の芳名帳をスマホで撮って読み方を教えるサービスも

 そうはいっても韓国は1000年以上に渡って中国の影響下にあり、近代化は日本の統治下で進められたことから、日中に由来する漢字語はとても多く、さまざまな分野に及んでいる。哲学、主観、客観、芸術、文学、科学、技術などは、統治時代の日本語で、代替する韓国語はない。  さらに韓国人はほとんどが漢字名だ。  1970年以降に学校で学んだ世代は、自分や家族の漢字名を書くことができない人が少なくないし、もちろん、他人の漢字名を読めない人が多い。  結婚式や正式なレセプションは、芳名帳や祝儀袋など自分の名前を漢字で書く例が一般的だが、漢字を知らない世代は読むことができず、名前で呼びかけることもできない。  芳名帳をスマホで撮ってSNSやメールで送ると読み方を返信するサービスが登場したほどだ。

 韓国の学術用語は漢字語が多く、漢字を見れば一目瞭然だが、ハングルは丸暗記するしかない。ハングルは表音文字で、すべてひらがなで表記するみたいなものである。  同音異義語がとても多く、たとえば、全力、電力、前歴、戦力、戦略のハングル表記はすべて同じで、間違いが起こり得る。近年、若者を中心に言葉の乱れが指摘されるが、大学生が「クムイル(今日)」を金曜日(クミョイル)の略語と勘違いした例すらある。  大学生の学力低下が社会問題として浮上し、朴槿恵前政権は漢字教育の復活を決めた。基本漢字300字を道徳・社会・数学・科学など、国語を除く小学5年生と6年生の教科書で併記することにしたのだが、文在寅政権は、この漢字教育の復活を白紙化した。日帝残滓を排除するという名目だが。

歴史書の原文を読むことができなくなった韓国人

 東アジアの経済交流が活発化しているいま、日本人と中国人、台湾人は、言葉が通じなくても筆談やスマホに漢字を打ち込んである程度、コミュニケーションギャップを防ぐことができるが、漢字語を使う国のなかで、韓国人だけ理解ができず、誤った解釈を堂々と口にする。  日本は鎌倉時代以降の公文書は漢字とひらがなを併用しており、日本人は過去の文書を原文で読んで判断できる。  一方、韓国は、1945年以前は漢字表記か漢字とハングル併用であり、漢字を読めない韓国人は、歴史を原文で知ることができない。  政府や政府御用達の学者が歴史認識を操ることは、さほど難しいことではない。日帝残滓といいながら中国発祥の漢字を禁止した背景はそこにありそうだ。  韓国の反日が好んで使う「歴史を忘れた民族に未来はない」というフレーズは、歴史書の原文を読むことができない韓国人を指している。 佐々木和義 広告プランナー兼ライター。商業写真・映像制作会社を経て広告会社に転職し、プランナー兼コピーライターとなる。韓国に進出する食品会社の立上げを請け負い、2009年に渡韓。日本企業のアイデンティティや日本文化を正しく伝える必要性を感じ、2012年、日系専門広告制作会社を設立し、現在に至る。日系企業の韓国ビジネスをサポートする傍ら日本人の視点でソウル市に改善提案を行っている。韓国ソウル市在住。 週刊新潮WEB取材班編集 2020年8月11日 掲載

新潮社

【関連記事】