Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

生き残った私は幸せになっていいのか。罪悪感を抱く人にこそ、天童荒太は言葉を届けたい

配信

BuzzFeed Japan

誰に愛され、誰を愛し、どんなことをして人に感謝されたのか…青年は、全国を放浪し、各地で死者を悼む。『悼む人』、作家・天童荒太の代表作の1つだ。天童はこの作品で直木賞を受賞した。執筆にあてた期間は7年あまり。死を悼む人の姿を描くことに没入し、作家自身もあらゆる死に向き合う時間を過ごした。【BuzzFeed Japan / 千葉雄登】

そんな天童だからこそ、書くことのできる物語がある。 2020年5月に刊行された新刊『迷子のままで』に収録された短編小説「いまから帰ります」。 大切な誰かを失ってもなお、なぜ私は今も生きているのか?直木賞作家は再び、生きることにつきまとう罪悪感と向き合った。(敬称略)

「どうしておれが残った?」

「いまから帰ります」の舞台は福島県浜通り。小説には、福島第一原発での事故以降、今も続く除染作業に従事する作業員たちが登場する。 ある人は家族と離れ離れになりながら、ある人はその地で暮らしていた日々を思いながら、作業を続ける。 天童は東日本大震災が起きて以降、幾度となく東北に足を運んだ。福島第一原発の中にも入り、現地の様子を見聞きする中で2015年に福島の帰還困難区域を舞台にした小説『ムーンナイトダイバー』を書き上げた。 なぜあれが起きた?どうしておれが残った?なぜあっちの町がなくなって、こっちの町は平気だ?誰が選んだ?何が違うと言うんだ? (『ムーンナイトダイバー』)

2011年3月11日14時47分。その瞬間を境に、日常が一変した人々がいる。あの日から喪失を胸に抱いて生き続ける人々の物語を、天童は書いた。 今作の中にも、人々の心の中にある様々な喪失が静かに描かれている。ある人は息子を津波で失った。ある人は未だに故郷に帰ることができない。 幽霊でもいい、一目会いたい。そう願いタクシーを走らせ続ける人も登場する。 「自分の中で、『ムーンナイトダイバー』で語り尽くすことのできなかった何かがあったわけではないんです。でも、より普遍的なもの、生き残ったものの罪悪感である『サバイバーギルト』について表現したいと思いました」 「そうした罪悪感を我々はどう償い、そして次のステップへと穂を進めることができるのか。それが、今回の作品のテーマです」

【関連記事】