Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「仕事させてくれない…」女性社員がパワハラで提訴「5年以上席に座っているだけ」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
弁護士ドットコム

聴覚障害者向け人工内耳などの輸入販売業「メドエルジャパン」(東京都千代田区)で働く女性社員が9月1日、社長らから仕事を外されるなどのパワハラを受けたとして、同社に損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。 昇給すべきところされなかった損害や慰謝料など約880万円を求めている。提訴後の会見で女性や代理人らが明らかにした。 「仕事だけでなく、自分の尊厳も失った」という女性は「この訴訟で止まっていた時間を少し動かし始める原動力にして、失ったものを取り戻して新たなステップにしたい」と話した。 ●パワハラの内容 代理人らの説明によると、原告の女性Aさん(55歳)は、2010年12月にマーケティングマネージャーとして入社し、業務に従事してきた。 訴状などによると、Aさんは主に現在の社長と、元社長の2人から以下のようなパワハラを受けてきたという。 (1)約半年のうちに、14回の退職勧奨を受けた(2012年10月15日~2013年4月2日) (2)マーケティング業務を外されて、掃除担当にされる(2012年12月1日~2014年9月12日) (3)基本給を半額にされる(2013年3月25日~2014年3月24日) (4)仕事を与えられない、外部との連絡を禁ずる、他の従業員から隔離される等の状況が5年間にわたって継続(2015年6月10日~現在) 原告代理人の早田由布子弁護士によれば、「会社にいたら給与を下げる」「これは解雇通知である」など、Aさんの意にそわない退職強要がなんどもされたという。また、上記の行為が、いわゆるパワハラ6類型における「過小な要求」や「人間関係からの切り離し」「精神的な攻撃」などにあたると主張。 弁護士が交渉に入ったことで、(3)半減された賃金が返却されるなどの対応はあったが、正常な職場環境に戻ることはなかったという。現在のAさんは出社後、業務が与えられないため、フロアのすみの席で書籍を読むなどして1日を過ごしているそうだ。 ●社会貢献したい。仕事を続ける理由 長いこと辛抱を続けるAさんは、周囲から「なぜやめないんですか?」と聞かれることがある。 「ひとつにはやめる理由がないんです。不当なハラスメントをしているのは会社。アクションを起こして変えるべきは会社のはずなのに、なぜ私がやめないといけないのか。それが私の気持ちです」 また、製品によって、聴覚障害者に聞こえがもたらされることはAさんにとって大きな「喜び」だった。「会社と正常化して、仕事をしたいと現在も願い続けています」 ●メドエルジャパン社のコメント 会見後、メドエルジャパン社の代理人弁護士は、編集部に「書面も何も受け取っておらず、確認できていませんので、現時点でコメントできません」と答えた。

弁護士ドットコムニュース編集部

【関連記事】