Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Jリーグ6月27日再開を提示、首都圏クラブなどは7月4日を希望 7月末までは全国2ブロックに分け近隣クラブでの対戦を優先

配信

中日スポーツ

 Jリーグが、新型コロナウイルスの影響で中断している公式戦の再開最終案をまとめたことが27日、分かった。移動リスクを軽減するため、各リーグを地域で2グループに分け、7月末までは近隣クラブとの対戦を優先する。すでに1試合を消化しているYBCルヴァン・カップは地域ごとに3チームを5組に分け、1回戦総当たり方式で仕切り直す方針。再開(J3は開幕)日に関して、Jリーグ側は6月27日を提示している一方、首都圏のクラブなどは7月4日を強く希望している。29日の実行委員会で協議し、再開日と大会方式の変更を発表する。  サッカーのある週末が帰ってくるー。約4カ月ぶりの公式戦再開に向け、Jリーグがまとめた開催方法、大会方式、再開日に関する最終案が判明。感染拡大を防止するため、J1、J2、J3をそれぞれ地域別に2ブロックに分け、7月いっぱいは近隣カードで移動リスクを低減させるのが最大の狙いだ。  最終案によると、J1は神奈川・静岡の県境で2グループに分け、グループ内でより近い距離のクラブから対戦していく。ルヴァン杯を含めた同一カードの連戦、アウェーの連戦は許容する。再開後の2、3週は選手の故障リスクなどに配慮して、週1試合の開催となる見通し。  ルヴァン杯は北から順に3チームを5組に再編し、1回戦総当たり方式に変更する。プレーオフステージを取りやめ、各組1位とアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)に出場するFC東京、横浜M、神戸を加えた計8チームが準々決勝(1試合制)、準決勝(2試合制)、決勝(1試合制)を戦う。すでに消化した1試合の取り扱いなどは決まっていない。  肝心の再開日に関して、Jリーグは緊急事態宣言の解除から33日目となる6月27日を最終案に据え、全56クラブに提示済み。だが、27日に開かれた各クラブの選手契約・運営担当合同会議では、同宣言が長引いた首都圏のクラブなどが準備期間の短さや選手の故障リスクを懸念。1週後ろ倒した7月4日の再開を強く希望し、紛糾した。  29日の実行委で再開日を諮り、6月中旬をめどに再開後の開催スケジュールを固めたい方針。  感染拡大の防止を図り、状況の推移を注視しながら、当面はチームの移動距離を短くし、試合は無観客で開催する。一部地域に緊急事態宣言が再発令された場合は当該チームの試合を延期したり、別地域で開催したりすることも検討していくという。

【関連記事】