Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

有吉弘行、タカトシ&アンガ田中との絆を再確認「我々は友だちみたいなもんだから」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 6月28日に放送されたゲームバラエティ番組『有吉ぃぃeeeee!そうだ!今からお前んチでゲームしない?』(テレビ東京系)に、番組レギュラー陣の有吉弘行、タカアンドトシ、アンガールズ・田中卓志がリモート出演。同じくリモート出演した池田美優、石田ニコル、大原優乃、久間田琳加、高田秋からなる女性ゲストチームと、Nintendo Switch用アクションシューティングゲーム『スプラトゥーン2』で対戦した。 【写真】メンバーの仲の良さをアピールする有吉弘行  女性ゲストチームの中で、大原のみ番組初出演。有吉が「優乃ちゃんはダンスが得意なんだよ、こう見えて。もともとは『妖怪ウォッチ』の子だもん」と紹介すると、トシは「え、そうなの? 『妖怪ウォッチ』の子!? 俺、会ったことある? 『帰れま10』に来てくれた?」と驚きを露わにし、「大きくなったね~」と目を細めた。さらに有吉から「ちょっと『妖怪ウォッチ』踊ってよ」とお願いされると、大原は「ヨーでる ヨーでる ヨーでる♪」と「ようかい体操第一」を振り付きで披露して見せた。  『スプラトゥーン2』は制限時間3分の中で、ローラーに水鉄砲、筆といった「ブキ」と呼ばれる多彩な道具を駆使してインクを地面に塗りまくり、その面積を相手チームと競い合うゲーム。基本的に4対4で戦うため、チームワークが勝利のカギとなる。  大原は出演に当たって『スプラトゥーン2』を練習してきたらしく、「いつもPS4でゲームをしていたので、はじめてSwitchを触れてうれしかったです」と声を弾ませた。  今回のルールは、番組レギュラーチームと女性ゲストチームで5回戦い、3勝したほうが勝利チームになるというもの。番組常連の石田やみちょぱが女性レギュラーチームをけん引する中、大原も1回の戦いで有吉達を5キルするなど活躍した。  しかし、同じメンバーで何度も戦っている有吉チーム相手にはさすがに分が悪い。有吉から「倒してやったぜ、みちょぱを。生意気言ってたから」「りんくまちゃん(久間田)って倒しやすいないつも」と度々撃破され、1回の戦いで田中に12キルされるなど、実力差を見せつけられ、結局、3連敗。  有吉から「はっきり言うとね、女性陣はリアルで仲良くないってこと」と、女性ゲストたちがほとんど初共演であることを指摘されると、みちょぱは「たしかにそれはそう(笑)」と苦笑い。そして有吉は、「我々男性陣はもう、友だちみたいなもんだから」とレギュラー陣の結束の強さを誇っていた。

こじへい

【関連記事】