Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

歪みの少ない360°ドラレコ、セルスターが2カメラタイプの新製品発売へ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
レスポンス

セルスター工業は、2カメラでゆがみの少ない360°映像を記録できるドライブレコーダー「CS-360FH」を8月より発売する。 関連画像を見る CS-360FHは、前方・左右180°を記録する車外カメラと後方・左右の180°を記録する車内カメラで構成、合わせて360°を録画する。各カメラとも200万画素のソニー製CMOSイメージセンサー「STARVIS IMX307」を搭載。6枚構成の広角レンズとの組み合わせにより、ゆがみの少ない高画質録画を実現する。またナイトクリアVer.2や車内カメラに搭載する赤外線LEDにより、光量の少ない夜間走行・トンネル内などの暗い環境でも360°クリアな映像を録画できる。 記録した映像は、カンタンに再生可能。記録データにGPS情報が付加されるので日時情報、インターネット地図連動(走行軌跡)、Gセンサーによる振動情報を表示できる。パソコンのカーソルで走行画像部分を掴んで、前方>右>後方>左……、または逆回りにも360°自由に動かすことができる。 安全機能では、準天頂衛星みちびきにより、政府機関が発令する防災・危機管理から、地震、津波などの災害情報、テロなどの危機管理情報、避難勧告等の「災危通知」をテキストと音声で通知。ドライブ中の危険なエリア(高速道逆走注意エリアやゾーン30など)も警告音と画面表示で事前に知らせる。また、パーキングモードを搭載し、駐車中の車上荒らしやイタズラをしっかりと監視・記録する。 価格はオープン。

レスポンス 纐纈敏也@DAYS

【関連記事】