Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『ジャンプ』発売延期 社員に新型コロナ感染の疑いで制作に影響「作業を一時中断」

配信

オリコン

 集英社が8日、『週刊少年ジャンプ』の編集部に勤務する40代社員が新型コロナウイルス感染の疑いがあることを『少年ジャンプ』公式サイトで発表し、20日発売予定の同誌21号(紙・デジタル版)の発売を1週間延期することを発表した。『週刊少年ジャンプ21・22合併号』と号数を変更したうえで27日に発売し、同誌20号は予定通り13日に発売する。 【動画】『ONE PIECE』96巻CM「全伏線、回収開始。」  公式サイトでは、「当該社員は発熱があった4月2日から出社を控え、医療機関を受診のうえ自宅待機をしており、PCR検査待ちとなっております。業務においては直接、作家と接触する立場ではありません」と説明。  また「集英社では4月6日より、全社原則在宅勤務の対応をとって感染拡大の防止に努めておりますが、作家・関係者への感染リスクを考え、『週刊少年ジャンプ』編集部全体で作業を一時中断するということにいたしました」と対応し、制作に影響が出たことから同誌21号の発売を延期すると伝えた。  「大きな混乱を招き、ご迷惑をおかけすることを、毎週楽しみにしていただいている読者の皆様に心からお詫びいたします。感染拡大が不安な状況の中、作家・関係者の健康と安全を最優先に考慮するとともに、必死に執筆を続ける作家をサポートして、読者の皆様の心を明るくさせられるような漫画を届けていけるよう努力いたしますので、ご理解のほど、よろしくお願いいたします」と呼びかけた。

【関連記事】