Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

体温を上げて免疫力アップ!新型コロナウイルスに負けない体づくりを医師が指南 #コロナとどう暮らす

配信

FASHION BOX

「免疫力を上げる」。これは言い換えれば健康な体を作り、維持するということにほかならない。免疫力を上げる食生活について提言している石原新菜先生は、現代人の低体温化に着目している。今回は日常生活のひと工夫で低体温を改善し、免疫力を上げる方法を教えてもらおう。

体温が下がると免疫力と基礎代謝が下がる

免疫力を上げる食生活について提言している石原新菜先生は、現代人の低体温化に着目している。 「体温が1度下がるごとに免疫力は約30%、基礎代謝は約12%下がることがわかっています。つまり病気にかかりやすく、太りやすい傾向を招くのです。低体温化は日本人全般にみられる傾向。日本人の健康は冷えにより蝕まれているといっても過言ではありません」(石原先生) 人間の体は36.5度から37度の体温でよく働く仕組みを持っている。低体温によって基礎代謝が低下するのは、消化・吸収・代謝を促進する酵素の働きが鈍るため。また、免疫力の低下は、免疫細胞である白血球の活動が鈍るためだが、酵素の働きによって左右される面も小さくない。 「低体温の原因はさまざま。軽視できないのが、過度のストレス、筋肉量の低下、体を冷やす生活習慣です」(石原先生)

低体温を招く生活習慣はさまざま

過度なストレスは血行を悪化させる。一方、ストレスのないダラダラした生活も免疫力を低下させる。適度な緊張感のある規則正しい生活が望まれるゆえんだ。 蓄積したストレスを解消できる潤いを日々の暮らしの中に取り入れつつ、生活リズムを整えることが大切なのである。 「なるべく決まった時間に起きて、朝日を浴びることで体内時計はリセットされ、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌が促されます。規則正しい生活リズムは、質のよい睡眠をとるための基本でもあります。理想の睡眠時間は7時間です」(石原先生) 眠っている間に分泌される成長ホルモンには、傷んだ細胞を修復したり、免疫機能の働きを強化したりする作用がある。また、体内時計が狂うと、免疫機能は乱れやすくなる。 運動不足も低体温を招く。体温の40%を生み出すのは筋肉。特に筋肉量の多い下半身を動かし、筋肉の質を維持することが重要だ。ただし、こちらもすぎたるは及ばざるがごとし。 「運動しすぎもよくありません。普段、運動不足の人の場合、1日1万歩は歩きすぎだといわれています。5000~8000歩、自分に適した運動量を保ちましょう」(石原先生) また、低体温の原因となる生活習慣はほかにもある。 「まず、食生活の問題があります。暑い夏に限らず、冬でも冷たい飲み物をとる人は少なくありません。これは間違いなく低体温を招きます。できるだけ、体を温める食品をとってほしいと思います」(石原先生) 低体温の改善に役立つ食材の代表が、漢方でも重要視されるショウガ。石原先生はすりおろしたショウガを加えた甘酒や紅茶をすすめている。 「食生活においては、腹八分目を心がけること、食事の間隔も大切だと思います。私は食事と食事の間は5時間以上あけるべきだと考えています。空腹になる間もなく食べ続けると、消化器官が休みなく働き続け、血流は胃や腸に集中します。熱を生み出す筋肉などへ供給される血液が減少するために体温の低下を招くのです。適度に空腹の時間を作ることで白血球の働きを活性化させます」(石原先生)

【関連記事】