Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

刺激を求めるならコレ一択!? SSモデル国内仕様モデル試乗―直4等間隔爆発エンジン―

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FUNQ

直4等間隔爆発エンジンを搭載する200ps級国産スーパースポーツのパフォーマンスに迫った国内仕様モデル試乗を行なった。テストライダーは、本誌でおなじみのテスター・宮城 光、伊丹孝裕、本誌編集長河村で国内のフラッグシップモデルであるHonda CBR1000RR-R FIREBLADE SP、SUZUKI GSX-R1000R ABS、KAWASAKI Ninja ZX-10R SEに試乗。今回は貴重な試乗後の3人によるそれぞれのマシンの乗り味を対談方式でレポートしていく

同じエンジン型式なのにまったく違う それぞれのモデルの おいしいポイントとは?

河村 当初そういう意図はなかったのですが、宮城さんのなにげないひと言を本企画のタイトルに使わせてもらいました。「直4等間隔爆発の凄み」というのがそれで、同じ型式に縛ったことでモデル毎のキャラクターが鮮明になりましたね。 伊丹 ヤマハからYZF‐R1が登場するまでは、直4と言えば基本的に等爆とイコール。国産モデルを乗り継いできたライダーにとって馴染み深いエンジンですが、そもそもこ の形式の魅力ってどこでしょう? 宮城 やっぱり、いかにも回っている、爆発しているっていう感覚が分かりやすいところじゃないかな。回転が上昇していく時のタコメーターの動きの早さや、その時にエンジンから伝わってくるバイブレーションがダイナミックでしょ? オーバーレブ特性もよくて、回り切ったと思ってもさらに余力がある。エンジンらしさという点で、不等間隔爆発やV型にはない刺激が楽しめると思う。

<自己修復機能を持つハイテク塗装> ZX-10R SEに施されている特殊コーティング がハイリーデュラブルペイントだ。塗装膜に柔らかい部分と硬い部分があり、衝撃を受けると バネのように回復。浅いキズなら自己修復する

河村 刺激と言えば、CBRは突出していました。乗り始めは「あれ? 意外と力がないな」と思っていましたが、回転が上昇すると途中から一 気にパワーが炸裂。積極的に身体を使わないといけないこともあって、正直僕には手ごわいモデルでした。 伊丹 200psの領域では出力が少々高くても低くても誤差のようなものだと思っていましたが、CBRの218psはちょっと普通じゃない。 袖ケ浦のストレートは決して長くありませんが、明らかに他の2台とは加速感が違いました。 宮城 河村さんが言う通り、CBRは身体を使い、積極的に入力した方が活き活きと走る。従来のモデルは 軽快感をウリにしていたんだけど、 レース用に仕立てていく場合はホイールベースを伸ばしたり、フロントの荷重を増やしたりしながら安定性を高めていく必要があった。なぜなら、レーシングスピードでは軽さが敏感な挙動につながるからなんだけど、新型は最初からその領域を想定して作っていることが分かる。その意味で、「BorntoRace」というコンセプトに偽りはない。

【関連記事】

最終更新:
FUNQ