Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

直4等間隔爆発 エンジンの凄み-CBR1000RR-R FIREBLADE SP

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FUNQ

スーパースポーツを手に入れ、それを操る醍醐味はエンジンに因る部分が多い。その形式はメーカーによって様々なこだわりがあり、時代や流行によって変遷している。「これが絶対」という最適解はなく、常に模索され続けている。しかしながら、ライダーの心拍数を跳ね上げ、アドレナリンが溢れ出してくる。刺激の強さという意味では、一気に回り切る直4エンジンの等間隔爆発に勝るものはない。 そんなエンジンを持つ200ps級国産スーパースポーツのパフォーマンスに迫ろう。まずは今年最大の話題のひとつCBR1000RR-R FIREBLADEからだ。

Honda CBR1000RR-R FIREBLADE SP  刺激を求めるならコレ一択!

新型になったCBR1000RR‐R(以下RR‐R)には、すでに幾度か乗っている。鈴鹿サーキット、筑波サーキット・コース1000、今回の袖ケ浦フォレスト・レースウェイというのがそれで、超低速のヘアピンからスロットルを開けながら切り返す高速コーナー、そしてロングストレートまで、様々なシチュエーションでそのフィーリングを体感することができた。

スーパースポーツ国内仕様モデル試乗 “パワーとスタビリティが最も高いレベルでバランスしている”

ホンダならではの、あるいは最新モデルならではの完成度を感じる部分は、どんなコースを走らせても得手不得手がないところだ。速度域が高くても低くてもスタビリティが崩れたり、急変することはなく、特にフロントタイヤは路面をしっかり追従。狙ったラインの上にピタリと車体を運び、きれいに添わせることができる。 従来モデルから乗り換えた場合、新型のハンドリングは重く感じられるかもしれない。これは車重の問題ではなく、主にディメンションの変更がもたらしたものだ。キャスター角(23.2度→24.0度)、トレール量(96mm→102mm)、ホイールベース(1405mm→1455mm)のいずれもが安定方向に振られたことが要因で、218psに達した最高出力とバランスを図るための最適化と言える。この出力で、従来のディメンションだと反応が敏感過ぎ、安心して乗れないに違いない。 また、装着した状態とそうでない状態を同条件で比較したわけではないので効果の度合いは明言できないが、RR‐Rの象徴であるウイングレットもこのハンドリングに無関係ではない。ダウンフォースの発生量はさておき、空気がきちんと整流されているのは間違いなく、それが高い接地感に貢献している。

【関連記事】

最終更新:
FUNQ