Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【漫画】海外の娘に、荷物が送れなくなると大慌てで電話した母が送ろうとしたものは…「うちは煎餅」

配信

オトナンサー

 母親から掛かってきた電話の内容を描いた漫画がSNS上で話題となっています。ある日、オーストラリアで看護師として働く女性の元に日本の母親から電話が。母親はコロナ渦の日本から、オーストラリアに荷物を送れなくなると慌てた様子でしたが…という内容で「うちは煎餅」「すてきなお母さま」「海外にいるとなぜか食べたくなりますよね」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。 【漫画】本編を読む

大騒ぎしている母親がほほ笑ましい

 この漫画を描いたのは、なあす(ペンネーム)さん(43)です。オーストラリアで看護師として働いており、日々の出来事をインスタグラムやブログで発表しています。 Q.漫画を描き始めたのは、いつごろからでしょうか。 なあすさん「2019年11月に車を壊してしまって、なんと2カ月も直らなかったんです…。その間、友人とも会えなくておしゃべりもできない、そのストレスを発散するために漫画を描き始めました」 Q.今回の漫画を描いたきっかけは。 なあすさん「日本にいる母から電話があって大慌てだったので、一体何があったんだろうと思ったら、『荷物が送れない!』と大騒ぎしているのが何だかほほ笑ましかったのと、1人でようかんに決定しているのが面白かったからです」 Q.お母さまはなぜ、ようかんにこだわったと思いますか。 なあすさん「子どもが大喜びしたことがきっかけです。オーストラリアの学校はランチだけじゃなく、おやつやフルーツも持っていかないといけないのですが、以前、ちょうどいい大きさのようかんを母が送ってくれたことがあり、子どもが学校で自慢したようです。なので『ようかん=喜ぶ』と思ったのでしょう」 Q.普段から、荷物を送ってくれるのですか。どんなものが多いのでしょうか。 なあすさん「ひと月に1回以上は送ってくれます。よく、子どもの絵本を送ってもらいました。あとはコンペイトーやあめ、日本の味付けのりなんかも送ってくれます」 Q.オーストラリア生活でよかったこと、大変なことなどがあったら教えてください。 なあすさん「よかったことは、自分らしくいられることだと思います。いろんな国から、いろんな文化背景で育った人が来ているので、『こうでなくてはならない』という社会的なプレッシャーをあまり受けません。大変なことは、10年前よりはずっと楽になりましたが、日本の食べ物を食べたいと思うといろいろ苦労します」 Q.オーストラリアもまだ、新型コロナウイルスの影響はありますか。 なあすさん「ロックダウンが比較的早かったので、感染者数は多くなかったと思いますが、経済的損失は大きいと思います。開いていないお店が目立ちます。学校はやっと始まりましたが、レストランはまだ5人くらいしか入れないと聞いています。こちらは冬に向かっているので、これからどうなるか心配です」 Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。 なあすさん「『いいお母さんだね』という意見や、アメリカにいる看護師さんは『自分もようかん食べたくなった』と言っていました。私と同様、オーストラリアにいる人は『うちは煎餅を送ってもらう』と言っていました」 Q.創作活動で今後、取り組んでいきたいことは。 なあすさん「これからもオーストラリアの生活、国際結婚、バイリンガルを育てる、オーストラリアでの看護など、自分が面白いと感じたことを描いていきたいと思います。真面目なものも描いてみたいです。また、海外看護師ラインスタンプを作ってみようと思っています」

オトナンサー編集部

【関連記事】