Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

レーシング・ドライバー、谷口信輝がメガーヌR.S.トロフィーRで筑波サーキットを攻める

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ENGINE WEB

ルノー・メガーヌR.S.トロフィーRはサーキット・アタックで記録を更新するために新たに開発された限定車。日本でも販売が開始されたメガーヌR.S.のカタログ・モデルとしては最速・最強仕様の「トロフィー」をベースにサーキットでの速さを追求したモデルである。トロフィーとの一番の違いは車両重量。新型メガーヌR.S.における最大の特徴である後輪操舵装置や後席シートを外すなどにより約130kgの軽量化を行っている。 谷口信輝選手がスーパースポーツハッチバックでタイム・アタック! さらにオーリンズ製の車高調整機能付きダンパーを採用するとともに、「カーボン・セラミックパック」と呼ばれるオプションを装着したモデルにはフロント・ブレーキのディスクとホイールが炭素繊維強化樹脂製に変更するなど、シャシー性能の向上も図られている。エンジンはトロフィーと同じ最高出力300psを発生する1.8ℓ直4ターボで、変速機は6段MT。デュアル・クラッチ式6段自動MTのEDCを用いていないのは、MTの方が35kgほど軽くできるからだ。 ニュルブルクリンク北コースや鈴鹿サーキットのアタックでは、メガーヌR.S.の開発を行っているルノー・スポール社のテスト・ドライバー、ロラン・ウルゴン氏がタイム・アタックを行ったが、今回の筑波サーキットではその責務を谷口信輝氏が担う。 ちなみに谷口氏は鈴鹿サーキットのアタックのときにもウルゴン氏と一緒にタイム・アタックに挑戦し、ウルゴン氏に肉薄するタイムを出している。そんな谷口氏が叩き出した最速ラップは1分3秒984。事前に行われたテストではもっといいタイムが出ていたようだが、それでも市販のFF車で3秒台というのはかなりの好記録である。 タイム・アタックを行った谷口氏はトロフィーRについて、「とにかくよく曲がる。不特定多数が乗るクルマなのに、これだけ楽しいものに仕立てているのはスゴイ」と絶賛。 その一方で、「ブレーキからのターンインはナーバスだから、それを怖いと思う人はトロフィーをどうぞ、といった感じ」と、その性能がもろ刃の剣であることも指摘していた。 ボンネットのNACAダクトはエンジンの冷却に効果を発揮する。 NACAダクトと内側の構造材に炭素繊維強化樹脂製を用いたボンネット。 エグゾーストはアクラポビッチ製。リア・ディフューザーの形状もトロフィーとは異なる。 文=新井一樹(ENGINE編集部) 写真=宮門秀行

新潮社

【関連記事】