Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『鉄砲洲築地門跡』:浮世写真家 喜千也の「名所江戸百景」第72回

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
nippon.com

歌川広重『名所江戸百景』では第78景となる「鉄砲洲築地門跡(てっぽうずつきじもんぜき)」。佃島の南の海上から築地本願寺を描いた、広重の遊び心を感じさせる一枚である。

築地のアイコン・本願寺の完成予想図!?

「鉄砲洲」とは、現在の中央区湊(みなと)から明石町にかけての隅田川沿いの地域を指す。日本橋川の支流・亀島川の河口左岸(南側)に位置し、江戸時代初期までは砂州が広がっていた場所だ。名称の由来には、砂州の形が鉄砲に似ていたというものや、幕府の鉄砲方が訓練をしていたという説などがある。今日まで、町名や住所に「鉄砲洲」が使われたことはないが、今でも湊には鉄砲洲通りがあり、道沿いの「鉄砲洲稲荷神社」「鉄砲洲児童公園」などに名を残している。 築地門跡は、京都・西本願寺を本山とする浄土真宗本願寺派の江戸別院で、現在の築地本願寺のこと。広重の時代の地図には単に「西本願寺」と記してあるが、一般には「築地門跡」や「築地御坊」などと呼ばれていたようだ。本願寺の大屋根は、その巨大さゆえに遠くからでも見え、名所江戸百景でも「霞がせき」や「芝愛宕山」、「芝金杉橋」の風景の中に登場する。江戸っ子にとっては築地のランドマークで、船乗りにとっては江戸湊へ向かう目印だったようだ。 広重は秋の景として、鉄砲洲沖、佃島近くの海上から西本願寺本堂を描いている。この絵の海沿いに並ぶ瓦屋根は、右手前が明石町、左奥は南飯田町といった町屋である。手前に描かれた2つの帆は、この付近の海運が盛んだったことを示すと同時に、遠景を引き立たせている。奥の帆船は荷を積んでいるので、右方向の江戸湊へ向かうところだろう。小さな舟は釣舟や投網舟で、明石町の手前にある石積みの防波堤にも2人の釣り人がいる。彼らが狙うのは、まさに江戸前の魚だ。 この絵の題箋には「江戸百景餘興(よきょう)」とある。名所江戸百景では112枚目に売り出されたため、100枚を大きく超えたことで「余興」としたとされるが、描いた風景の中にも広重の余興があるといわれている。絵が刷られたのは1858(安政5)年7月だが、築地本願寺の本堂は56(安政3)年の台風で倒壊しており、再建工事が完了したのは60(万延元)年11月のこと。つまり、この時点では「大伽藍の完成予想図」だったのだ。広重一流の粋な絵といえるが、それだけ本願寺は築地に欠かせないもので、早い再建が望まれた江戸のアイコンだったのだろう。 まだ暑さの残る秋の日に赴き、江戸時代には海上だった月島の隅田川テラスから、元絵と方角を合わせて撮影した。本願寺は今でも同じ場所にあるが、大きなビルに阻まれて全く見えない。しかし、かつての明石町南端に立つ料亭の瓦屋根、石垣を想起させるれんが塀が往時をしのばせる。釣り場へと向かうプレジャーボートや、撮影している近くにもスズキやクロダイなどを狙う釣り人の姿があり、江戸の漁場の面影が感じられた。

【関連記事】